RICOH SP C750 ドライバー

リコー SP C750カラーレーザープリンタは、毎分最大45ページのフルカラー印刷を提供し、卓越した画質を実現します。色の深みを増し、画像を機能させ、適切な予算内で情報を共有することで、情報をより効果的に共有できます。シンプルなメニューナビゲーションと、ジョブ、システムステータス、頻繁に使用するショートカットへのワンタッチアクセスをお楽しみください。使い慣れたアイコンを使用してタスクを簡単に実行し、標準のステップバイステップのアニメーションガイダンス機能を使用して印刷操作をスムーズに進めます。さらに、印刷前に印刷ジョブをプレビューして、ユーザーエラーを減らし、紙の使用量を減らし、より正確な結果を得ることができます。内部の用紙トレイからより薄い用紙ストック、封筒、および用紙サイズを使用して、印刷機能を拡張します。さらに、バイパストレイを介して最大170ポンドのインデックスの株式のサポートを取得します。鮮やかな4ビットカラーテクノロジーをお楽しみください。9600x600dpi相当の解像度で印象的な画像を作成できます。さらに、独自のオイルフリーポリエステル重合トナーは、鮮明なラインとシャープな色再現のための滑らかなグラデーションを提供します。 RICOH SP C750では、複数の印刷仕上げオプションを利用して、ドキュメントをスタック、ホチキス止め、および穴あけすることができます。 1,200枚のサイド大容量トレイを追加して、用紙の供給を最大4,400枚に増やし、大量のパフォーマンスを拡張します。 3,000枚のフィニッシャーで大量のマルチポジションステープルを活用します。または、オプションの2,000枚のインラインブックレットフィニッシャーを追加して、さまざまなフルカラーブックレットをコスト効率よく作成します。 リコー SP C750の標準USB2.0および10 / 100Base-TXイーサネットインターフェイスは、単純なピアツーピアおよび共有使用環境に対応しています。デュアルUSB2.0ホストインターフェイスは、サードパーティの外部デバイスへの直接接続を提供します。または、オプションのギガビット、無線LAN、およびパラレルインターフェイスを選択して、固有のネットワーク要件を満たします。また、コントロールパネルに直接統合された便利なUSBおよびSDメディアポートを使用して、外出先でドキュメントを印刷します。

リコー SP C750 ドライバー

リコー SP C750 ドライバー

リコープリンタ用のドライバが必要な人は、リコープリンタのモデルを検索するだけでいいのです。 その後、使用しているオペレーティングシステムを選択し、プリンタのドライバをダウンロードすることができます。

また、お読みください: リコー SP C740 ドライバー

Ricoh SP C750 ドライバーの互換性、インストール、およびダウンロード

リコー SP C750 ドライバ用のオペレーティングシステムの互換性

ドライバは以下のオペレーティングシステムと互換性があります。ドライバをダウンロードする前にオペレーティングシステムを確認してください。

  • Windows: Windows 11, Windows 10 32-bit/64-bit | Windows 8.1 32-bit/64bit
  • Macintosh: macOS 11 | macOS 10.15 Catalina | macOS 10.14 Mojave | macOS 10.13 High Sierra | macOS 10.12 Sierra

Ricoh SP C750 ドライバーをダウンロードしてインストールします

Ricoh SP C750に対するオペレーティングシステムの互換性を知った後は、以下のリンクからドライバをダウンロードすることができます。 提供されるこれらのリンクはあなたがあなたの製品の全機能を設定するのに必要なドライバファイル、アプリケーションまたはマニュアルをダウンロードしてインストールします。

Windows 32-bit用のRicoh SP C750 ドライバをダウンロード

Windows 64-bit用のRicoh SP C750 ドライバをダウンロード

macOS用のRicoh SP C750 ドライバをダウンロード

Windows用Ricoh SP C750 ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードしてください。 ファイルが保存されている場所については、コンピューターの設定を確認してください。
  2. ダウンロードした.exeファイルをダブルクリックします。 解凍され、セットアップ画面が表示されます。 指示に従ってソフトウェアをインストールし、必要な設定を行います。

macOS用のリコー SP C750 ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードし、ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、ディスクイメージにマウントします。
  2. マウントされたディスクイメージをダブルクリックします。 セットアップファイルをダブルクリックして、セットアップ画面を起動します。 画面の指示に従ってソフトウェアをインストールし、プリンタをセットアップします。

また読む:Ricoh SP C420e ドライバ

Ricoh SP C750 プリンタには、コンピュータ、macOS、またはその他の接続デバイスと接続できるドライバも必要です。 そのため、このサイトにはリコーからのリンクがありますので、他のソースからリコー SP C750 ドライバを見つける必要はありません。 提供されているチュートリアルに従うことで、問題を簡単に解決できます。 他のシリーズがある場合は、検索フォームを使ってプリンタの最新のドライバを探すだけです。