RICOH SP C342M ドライバー

ワークグループが次の大きなアイデアを思いついたら、鮮やかな色と速い印刷速度でそれを美しく見せることができるプリンターに目を向けてください。手頃な価格のコンパクトなRICOH SP C342Mカラーレーザープリンタを使用して、さまざまなメディアで忙しいワークグループのニーズにすばやく経済的に対応します。 4.3インチのカラータッチスクリーン操作パネルを利用して、タスク間を簡単に移行し、設定を調整できます。デスクトッププリンターは、作業スタイルに合わせて、スマートフォン、タブレット、またはラップトップから、多数のモバイル印刷ソリューションを使用して直接印刷できます。 、ソリューションに重点を置き、既存のフリートとシームレスに統合してワークフローを最適化できる幅広いソフトウェアアプリケーションをサポートします。情報の移動が速いほど、次の機会に早く移動できます。このリコー SP C342M多機能プリンターを使用して印刷します。卓越した色と鮮明さで毎分最大26ページ。2GBの標準RAMとIntel®1.46GHzプロセッサにより、最も複雑なファイルや大きなグラフィックスを簡単に処理できます。4.3インチのカラータッチスクリーンパネルにより、ナビゲーションが簡単になります。トレイの設定を調整したり、タスクを簡単に切り替えたりできます。プリンタがどこに配置されていても、すべて正面を向いたデザインを利用して、消耗品を交換し、用紙トレイを補充します。オプションの500枚用紙トレイを追加して、標準の500枚用紙トレイと100枚バイパストレイを補完することにより、中断のない長時間のジョブを実行します。印刷のセットアップを簡素化するために、Device Software Managerを使用してオンラインで印刷ドライバーをインストール、ダウンロード、および構成します。最高のアイデアのいくつかは、移動中に出てきます。同じ方法で他の人と共有します。 AirPrint®、Wi-FiDirect®、またはRICOH Smart Device Print&Scanアプリを使用して、ソフトウェア、RICOH SP C342Mドライバー、またはユーティリティをインストールせずに、スマートフォン、タブレット、またはラップトップから印刷します。オプションのハードディスクドライブ(HDD)をインストールすると、USBまたはSDカードを介してデジタルファイルをシームレスに印刷できます。 USBデバイスサーバーオプションは、2番目のネットワークインターフェイスポートを追加し、2つの異なるネットワーク環境を1つの共有プリンターでサポートできるようにします。無線LANオプションを使用すると、デバイスを事実上どこにでも配置でき、ワークグループに付加価値と利便性をもたらします。

リコー SP C342M ドライバー

リコー SP C342M ドライバー

リコープリンタ用のドライバが必要な人は、リコープリンタのモデルを検索するだけでいいのです。 その後、使用しているオペレーティングシステムを選択し、プリンタのドライバをダウンロードすることができます。

また、お読みください: リコー SP C841 ドライバー

Ricoh SP C342M ドライバーの互換性、インストール、およびダウンロード

リコー SP C342M ドライバ用のオペレーティングシステムの互換性

ドライバは以下のオペレーティングシステムと互換性があります。ドライバをダウンロードする前にオペレーティングシステムを確認してください。

  • Windows: Windows 11, Windows 10 32-bit/64-bit | Windows 8.1 32-bit/64bit
  • Macintosh: macOS 11 | macOS 10.15 Catalina | macOS 10.14 Mojave | macOS 10.13 High Sierra | macOS 10.12 Sierra

Ricoh SP C342M ドライバーをダウンロードしてインストールします

Ricoh SP C342Mに対するオペレーティングシステムの互換性を知った後は、以下のリンクからドライバをダウンロードすることができます。 提供されるこれらのリンクはあなたがあなたの製品の全機能を設定するのに必要なドライバファイル、アプリケーションまたはマニュアルをダウンロードしてインストールします。

Windows 32-bit用のRicoh SP C342M ドライバをダウンロード

Windows 64-bit用のRicoh SP C342M ドライバをダウンロード

macOS用のRicoh SP C342M ドライバをダウンロード

次のステップは、WindowsまたはmacOSにドライバをインストールする方法を理解することです。 このセクションでは、WindowsとmacOS用のドライバのインストール方法について説明します。

Windows用Ricoh SP C342M ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードしてください。 ファイルが保存されている場所については、コンピューターの設定を確認してください。
  2. ダウンロードした.exeファイルをダブルクリックします。 解凍され、セットアップ画面が表示されます。 指示に従ってソフトウェアをインストールし、必要な設定を行います。

macOS用のリコー SP C342M ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードし、ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、ディスクイメージにマウントします。
  2. マウントされたディスクイメージをダブルクリックします。 セットアップファイルをダブルクリックして、セットアップ画面を起動します。 画面の指示に従ってソフトウェアをインストールし、プリンタをセットアップします。

また読む:Ricoh SP C840 ドライバ

Ricoh SP C342M プリンタには、コンピュータ、macOS、またはその他の接続デバイスと接続できるドライバも必要です。 そのため、このサイトにはリコーからのリンクがありますので、他のソースからリコー SP C342M ドライバを見つける必要はありません。 提供されているチュートリアルに従うことで、問題を簡単に解決できます。 他のシリーズがある場合は、検索フォームを使ってプリンタの最新のドライバを探すだけです。