RICOH SP C260SFL ドライバー

リコー SP C260SFLカラーレーザー多機能プリンターを使用して、コピー、スキャン、およびファックス送信します。最大21ページ/分(ppm)の印刷速度でジョブ間を効率的に移動し、フルカラーまたは白黒の出力を確実に生成します。標準の強力な400MHzコントローラーと256MB RAMを使用して、複数のジョブを迅速に処理し、大きなファイルを迅速に処理します。さらに、35枚の自動ドキュメントフィーダー(ADF)を使用して、スキャンを高速化します。 印刷は2400x 600 dpiの高解像度から大きなメリットがあり、ユーザーは最大8.5 x 14 “のサイズでカラーまたは白黒の詳細なドキュメントを作成できます。スキャンでは、1200 x 1200dpiの光学解像度の高解像度イメージングも提供されます。コピーとスキャンは、35枚のADFまたは異形またはサイズのアイテムのフラットベッドユニットを介して処理できます。また、特殊メディア用の1枚の手動バイパスを備えた標準の250枚の入力トレイがあります。このRICOH SP C260SFLは情報を安全に保つための高度なセキュリティ機能に加えて、コストと変更間の時間を節約するための大型の超高収量トナーカートリッジ。このプリンターはWi-Fi接続を備えています。このワイヤレス設定により、モバイルデバイスの印刷と操作が可能になり、自宅やオフィスのどこででも作業できます。 リコー SP C260SFLには、自動二重化機能と、ポータブルストレージデバイスとの直接インターフェイス用のUSBホストポートもあります。このコンパクトなデスクトッププリンタは、安全なIEEE 802.11b / g / nワイヤレスLAN接続に簡単に接続でき、事実上どこにでも収まるコンパクトなプリンタ設計を備えています。物理的な制限を回避し、オフィスのトラフィックに合わせて多機能デバイスを配置するか、スペースを節約するために戦略的に配置します。また、WindowsおよびAppleテクノロジと互換性があり、PCLおよびPS3エミュレーション、ならびに分散印刷環境用のUNIXおよびCitrixユーティリティをサポートします。

リコー SP C260SFL ドライバー

リコー SP C260SFL ドライバー

リコープリンタ用のドライバが必要な人は、リコープリンタのモデルを検索するだけでいいのです。 その後、使用しているオペレーティングシステムを選択し、プリンタのドライバをダウンロードすることができます。

また、お読みください: リコー P C200Lドライバー

Ricoh SP C260SFL ドライバーの互換性、インストール、およびダウンロード

リコー SP C260SFL ドライバ用のオペレーティングシステムの互換性

ドライバは以下のオペレーティングシステムと互換性があります。ドライバをダウンロードする前にオペレーティングシステムを確認してください。

  • Windows: Windows 11, Windows 10 32-bit/64-bit | Windows 8.1 32-bit/64bit
  • Macintosh: macOS 13 Ventura | macOS 12 Monterey | macOS 11 Big Sur | macOS 10.15 Catalina | macOS 10.14 Mojave | macOS 10.13 High Sierra | macOS 10.12 Sierra

Ricoh SP C260SFL ドライバーをダウンロードしてインストールします

Ricoh SP C260SFLに対するオペレーティングシステムの互換性を知った後は、以下のリンクからドライバをダウンロードすることができます。 提供されるこれらのリンクはあなたがあなたの製品の全機能を設定するのに必要なドライバファイル、アプリケーションまたはマニュアルをダウンロードしてインストールします。

Windows 32-bit/64-bit用のRicoh SP C260SFL ドライバをダウンロード

macOS用のRicoh SP C260SFL ドライバをダウンロード

Ricoh SP C260SFL プリンタには、コンピュータ、macOS、またはその他の接続デバイスと接続できるドライバも必要です。 そのため、このサイトにはリコーからのリンクがありますので、他のソースからリコー SP C260SFL ドライバを見つける必要はありません。 提供されているチュートリアルに従うことで、問題を簡単に解決できます。 他のシリーズがある場合は、検索フォームを使ってプリンタの最新のドライバを探すだけです。