キヤノン imagePROGRAF TM-200 ドライバ

Canon imagePROGRAF TM-200 24 “UVおよび耐水性印刷用顔料インク技術を搭載したプリンタ。キヤノンの新TMシリーズは、初めてCADおよび技術印刷市場にキヤノンLUCIAインクをもたらし、それらのエントリーレベルのラインナップの使用を拡大POSアプリケーションに最適なグラフィックス市場LUCIAインキは、適切なメディアと組み合わせて使用​​すると、耐紫外線性と耐水性印刷の利点を提供します。キヤノン imagePROGRAF TM-200は、バックカバーを持ち上げるだけでメディアの交換を含め、すべての操作をプロッタの前面から行うことができるプリントコレクターを備えたスタンドが付属しています感謝キヤノンは、設計上、騒音の影響を減らすために一生懸命働き、TMシリーズをオフィス環境に最適なものにしました。Canon imagePROGRAF TM-200シリーズは、以前のモデルよりも設置面積が小さくなり、プリンタの側面にネットワーク接続ポイントが便利に配置されているため、設置面積がさらにコンパクトになりました。寸法982 x 887 x 1060 mm前面から交換可能なロール紙は、機械の上部にあります。これは、長さ110メートルの80gsm用紙のロール紙を使用するため、交換前により長く印刷できます。

キヤノン imagePROGRAF TM-200 ドライバー

Canon imagePROGRAF TM-200 ドライバー

キヤノンプリンタ用のドライバが必要な人は、Canonプリンタのモデルを検索するだけでいいのです。 その後、使用しているオペレーティングシステムを選択し、プリンタのドライバをダウンロードすることができます。 このサイトでは、ダウンロードリンクはキヤノンのサポートWebサイトから直接リンクされています、キヤノンは Canon imagePROGRAF TM-200ユーザーがドライバをダウンロードしやすいようにするための直接ダウンロードリンクを提供しています。

また、お読みください: キヤノン imagePROGRAF PRO-6000S ドライバ

Canon imagePROGRAF TM-200 ドライバーの互換性、インストール、およびダウンロード

キヤノン imagePROGRAF TM-200 ドライバ用のオペレーティングシステムの互換性

ドライバは以下のオペレーティングシステムと互換性があります。ドライバをダウンロードする前にオペレーティングシステムを確認してください。

  • Windows: Windows 10 32-bit (x86) | Windows 10 64-bit (x64) | Windows 8.1 32-bit (x86) | Windows 8.1 64-bit (x64) | Windows 8 32-bit (x86) | Windows 8 64 -bit (x64) | Windows 7 32-bit (x86) | Windows 7 64-bit (x64) | Windows Vista 32-bit (x86) | Windows Vista 64-bit (x64) | Windows XP
  • Macintosh: MacOS 10.14 Mojave | MacOS 10.13 High Sierra | MacOS 10.12 Sierra | OS X 10.11 El-Capitan | OS X 10.10 Yosemite | OS X 10.9 Mavericks | OS X 10.8 Mountain Lion | Mac OS X 10.7 Lion

Canon imagePROGRAF TM-200 ドライバーをダウンロードしてインストールします

Canon imagePROGRAF TM-200に対するオペレーティングシステムの互換性を知った後は、以下のリンクからドライバをダウンロードすることができます。 提供されるこれらのリンクはあなたがあなたの製品の全機能を設定するのに必要なドライバファイル、アプリケーションまたはマニュアルをダウンロードしてインストールします。

Windows用の Canon imagePROGRAF TM-200 ドライバをダウンロード

Mac OS用の Canon imagePROGRAF TM-200 ドライバをダウンロード

次のステップは、WindowsまたはMacにドライバをインストールする方法を理解することです。 このセクションでは、WindowsとMacOS用のドライバのインストール方法について説明します。

Windows用Canon imagePROGRAF TM-200 ドライバをインストールする方法

  1. このチュートリアルでは、Windows用Canon imagePROGRAF TM-200 ドライバをインストールするように導きます。ドライバをインストールすると、プリンタは正常に動作します。 ファイルをダウンロードしてください。 ファイルが保存されている場所については、コンピューターの設定を確認してください。 これらの手順を実行する前に、インストールプロセスを開始する前に、プリンタがコンピュータまたはラップトップに正しく接続されていることを確認してください。
  2. キヤノン imagePROGRAF TM-200 インストールプロセスは、ダウンロードが完了してセットアップを開始する準備ができるたびに開始できます。最初のステップは、ダウンロードしたファイルをクリックして保存することです。ディレクトリを開くドライバのファイル名は通常.exeで終わります。
  3. ドライバファイルをダブルクリックしたり、管理者として選択または実行したりするには、Canon imagePROGRAF TM-200 ドライバファイルを右クリックして抽出しながら、数分間待ってください。ファイルが解凍されたら、以下のインストール手順に従ってください。
  4. Canon imagePROGRAF TM-200 ドライバソフトウェアパッケージを設定するためのソフトウェアプログラムのインストールが開始され、コンピュータの画面に表示される指示に従って設定を完了してください。
  5. 以下の指示に従った後、キヤノン imagePROGRAF TM-200 プリンタを使用する準備が整いました。

Mac用のキヤノン imagePROGRAF TM-200 ドライバをインストールする方法

このチュートリアルでは、iMac、Macbook、またはその他のmacOS用Canon imagePROGRAF TM-200 ドライバをインストールするように導きます。ファイルをダウンロードしてください。 ファイルが保存されている場所については、Macの設定を確認してください。 ドライバをインストールすると、プリンタは正常に動作します。 Windowsのインストールと同様に、最初のステップはプリンタがMacOSデバイスに正しく接続されていることを確認することです。 そしてこのステップに従ってください:

  1. まず、ドライバファイルが必要です(ダウンロードセクションからダウンロードできます)。 ダウンロード処理がすでに完了している場合は、特定のフォルダに保存されます。通常は、ダウンロードフォルダに置かれます。
  2. 次に、ダウンロードしたドライバファイル(.dmg形式)をダブルクリックしてディスクイメージにマウントする必要があります。 次に、マウントしたディスクイメージ内のファイルパッケージをダブルクリックする必要があります。
  3. インストールが自動的に開始され、インストールウィンドウに表示されるインストール手順に従います。

また読む:Canon imagePROGRAF PRO-4000S ドライバ

Canon imagePROGRAFプリンタには、コンピュータ、Mac、またはその他の接続デバイスと接続できるドライバも必要です。 そのため、このサイトにはCanonからのリンクがありますので、他のソースからCanon imagePROGRAF TM-200ドライバを見つける必要はありません。 提供されているチュートリアルに従うことで、問題を簡単に解決できます。 他のシリーズがある場合は、検索フォームを使ってプリンタの最新のドライバを探すだけです。