富士通 XL-C8350 ドライバー

鮮明な白黒ドキュメントを作成するための高速印刷速度とレーザー技術を備えたFujitsu XL-C8350は、大量のプロの印刷物を必要とするオフィスに素晴らしい追加機能を提供します。印刷に対する主力のような態度で、プリンターは最小限の手間で巨大な出力を生成することができます。プリンター上部の大きなコントロールパネルにより、チーム全体でプリンターの幅広い機能を簡単に利用できます。フロントローディング式の用紙入力トレイと自動両面印刷を備えたこのプリンタは、シンプルでありながらプロフェッショナルな印刷に対応しています。最大38ppmの印刷速度を備えた富士通 XL-C8350は、最小限の手間で大量の印刷出力を必要とする国内ユーザーのオフィスに最適です。 500枚の給紙トレイは、頻繁な補充や交換を必要とせずに、長時間の印刷ジョブに対応します。これにより、プリンターは、印刷出力をほぼ継続的に必要とするオフィスに利益をもたらすことができます。現代のオフィス環境に最適な富士通 XL-C8350は、ネットワークにすばやく効率的に接続できます。これにより、複数のユーザーを同時に収容するプロセスが簡素化され、従業員全体がオフィスのプリンターを最大限に活用できるようになります。 WindowsやMacのさまざまなコンピューターやデバイスをすばやくプリンターに接続できるため、より多くのチームメンバーがソースから直接印刷できます。

富士通 XL-C8350 ドライバー

Fujitsu XL-C8350 ドライバー

富士通プリンタ用のドライバが必要な人は、富士通プリンタのモデルを検索するだけでいいのです。 その後、使用しているオペレーティングシステムを選択し、プリンタのドライバをダウンロードすることができます。

また、お読みください: Fujitsu XL-4400 ドライバ

Fujitsu XL-C8350 ドライバーの互換性、インストール、およびダウンロード

富士通 XL-C8350 ドライバ用のオペレーティングシステムの互換性

ドライバは以下のオペレーティングシステムと互換性があります。ドライバをダウンロードする前にオペレーティングシステムを確認してください。

  • Windows: Windows 11, Windows 10 32-bit (x86) | Windows 8.1 32-bit (x86) | Windows 7 64-bit
  • Macintosh: macOS 11 | macOS 10.15 Catalina | macOS 10.14 Mojave | macOS 10.13 High Sierra | macOS 10.12 Sierra

Fujitsu XL-C8350 ドライバーをダウンロードしてインストールします

Fujitsu XL-C8350に対するオペレーティングシステムの互換性を知った後は、以下のリンクからドライバをダウンロードすることができます。 提供されるこれらのリンクはあなたがあなたの製品の全機能を設定するのに必要なドライバファイル、アプリケーションまたはマニュアルをダウンロードしてインストールします。

Windows 32-bit/64-bit用のFujitsu XL-C8350 ドライバをダウンロード

macOS用の利用できない基本ドライバー。富士通 XL-C8350 をインターネット経由でセットアップしよう

次のステップは、WindowsまたはmacOSにドライバをインストールする方法を理解することです。 このセクションでは、WindowsとMacOS用のドライバのインストール方法について説明します。

Windows用Fujitsu XL-C8350 ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードしてください。 ファイルが保存されている場所については、コンピューターの設定を確認してください。
  2. ダウンロードした.exeファイルをダブルクリックします。 解凍され、セットアップ画面が表示されます。 指示に従ってソフトウェアをインストールし、必要な設定を行います。

macOS用の富士通 XL-C8350 ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードし、ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、ディスクイメージにマウントします。
  2. マウントされたディスクイメージをダブルクリックします。 セットアップファイルをダブルクリックして、セットアップ画面を起動します。 画面の指示に従ってソフトウェアをインストールし、プリンタをセットアップします。

また読む:Canon Satera MF8570cdw ドライバ

Fujitsu XL-C8350 プリンタには、コンピュータ、macOS、またはその他の接続デバイスと接続できるドライバも必要です。 そのため、このサイトには富士通からのリンクがありますので、他のソースから富士通 XL-C8350 ドライバを見つける必要はありません。 提供されているチュートリアルに従うことで、問題を簡単に解決できます。 他のシリーズがある場合は、検索フォームを使ってプリンタの最新のドライバを探すだけです。