富士通 ScanSnap S1500 ドライバー (S1500Mと互換性があります)

富士通 ScanSnap S1500は、Windowsユーザーに、自宅やオフィスでの管理されていない事務処理に関連する紙の乱雑さ、保管スペース、およびセキュリティリスクを大幅に削減する効果的な方法を提供します。さらに良いことに、ScanSnapによってスキャンされたドキュメントは、デジタル領域に解放されると、より高いレベルのアクセシビリティと有用性を獲得します。スキャナーは、Windowsユーザーに、自宅やオフィスでの管理されていない事務処理に関連する紙の乱雑さ、保管スペース、およびセキュリティリスクを大幅に削減する効果的な方法を提供します。さらに良いことに、ScanSnapによってスキャンされたドキュメントは、デジタル領域に解放されると、より高いレベルのアクセシビリティと有用性を獲得します。他の人がどのように時間、スペース、さらにはお金を解放しているかを調べてください。このPC用スキャナーは、妥協のない300 dpiの解像度で、カラー、グレースケール、または白黒で最大20ページ/分をスキャンします。自動ドキュメントフィーダー(ADF)に最大50ページをスタックし、[スキャン]ボタンを押して、各ページの両面を1回のパスでスキャンします。スキャナーは各ドキュメントのサイズを自動的に認識し、スキューを検出して修正し、空白のページを削除して適切な向きで画像を表示します。インテリジェントスキャンを使用すると、修正ドキュメントがすばやく整理されます。 PC用のFujitsu ScanSnap S1500には、画像の損失を防ぐためにオンにできるマルチフィード検出センサーが装備されています。さらに、インタラクティブなインターフェースにより、ユーザーは経費報告書のテープによる領収書や付箋紙などの意図的な二重フィードを簡単かつ迅速にバイパスできます。ドキュメントのスタックを自動ドキュメントフィーダーにロードし、[スキャン]ボタンを押すだけです。フィーダーに最大50ページを保持できるこのスキャナーは、毎分最大20ページの速度で両面を同時にスキャンします。付属のキャリアシートにより、スキャナーは大きな2文字サイズのドキュメント(A3 / B4)、写真、雑誌や新聞の切り抜きを柔軟にデジタル化できます。キャリアシートは、連続してスキャンすることも、紙のドキュメントと混合することもできます。このFujitsuスキャナーは、ユーザーにEvernoteとGoogle Docs、SalesforceCRMとSharePointOnline(Windows用)への直接スキャンを提供します。また、Scan toSugarSyncとScanto SalesforceChatterの2つの追加のクラウド同期機能も提供します。これで、スキャンしたファイルをシームレスにスキャンしてクラウドに保存できるため、どこからでもすばやく簡単にアクセスできます。富士通 ScanSnap S1500は、自動スキュー補正、自動方向付け、自動色検出などの強力な自動画像処理機能を備えています。これらのインテリジェントな機能は、スキャンされたコンテンツが手間をかけずに見栄えがするように、舞台裏で機能します。 PCおよびMac用のScanSnapソフトウェア用の付属のABBYYFineReaderを使用して、機械印刷で書類をスキャンして編集可能なバージョンに戻すことにより、迅速な変更を行い、生産性を向上させる必要があります。

富士通 ScanSnap S1500 ドライバー

Fujitsu ScanSnap S1500 ドライバー

富士通プリンタ用のドライバが必要な人は、富士通プリンタのモデルを検索するだけでいいのです。 その後、使用しているオペレーティングシステムを選択し、プリンタのドライバをダウンロードすることができます。

また、お読みください: 富士通 ScanSnap S1300i ドライバ

Fujitsu ScanSnap S1500 ドライバーの互換性、インストール、およびダウンロード

富士通 ScanSnap S1500 ドライバ用のオペレーティングシステムの互換性

ドライバは以下のオペレーティングシステムと互換性があります。ドライバをダウンロードする前にオペレーティングシステムを確認してください。

  • Windows: Windows 10 32-bit (x86) | Windows 8.1 32-bit (x86) | Windows 7 64-bit
  • Macintosh: macOS 11 | macOS 10.15 Catalina | macOS 10.14 Mojave | macOS 10.13 High Sierra | macOS 10.12 Sierra

Fujitsu ScanSnap S1500 ドライバーをダウンロードしてインストールします

Fujitsu ScanSnap S1500に対するオペレーティングシステムの互換性を知った後は、以下のリンクからドライバをダウンロードすることができます。 提供されるこれらのリンクはあなたがあなたの製品の全機能を設定するのに必要なドライバファイル、アプリケーションまたはマニュアルをダウンロードしてインストールします。

Windows 32-bit/64-bit用のFujitsu ScanSnap S1500 ScanSnap Manager アップデート

macOS用のFujitsu ScanSnap S1500 ScanSnap Manager(Mac専用) アップデート

次のステップは、WindowsまたはMacにドライバをインストールする方法を理解することです。 このセクションでは、WindowsとMacOS用のドライバのインストール方法について説明します。

Windows用Fujitsu ScanSnap S1500 ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードしてください。 ファイルが保存されている場所については、コンピューターの設定を確認してください。
  2. ダウンロードした.exeファイルをダブルクリックします。 解凍され、セットアップ画面が表示されます。 指示に従ってソフトウェアをインストールし、必要な設定を行います。

macOS用の富士通 ScanSnap S1500 ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードし、ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、ディスクイメージにマウントします。
  2. マウントされたディスクイメージをダブルクリックします。 セットアップファイルをダブルクリックして、セットアップ画面を起動します。 画面の指示に従ってソフトウェアをインストールし、プリンタをセットアップします。

また読む:Fujitsu ScanSnap S1100 ドライバ

Fujitsu ScanSnap S1500 プリンタには、コンピュータ、macOS、またはその他の接続デバイスと接続できるドライバも必要です。 そのため、このサイトには富士通からのリンクがありますので、他のソースから富士通 ScanSnap S1500 ドライバを見つける必要はありません。 提供されているチュートリアルに従うことで、問題を簡単に解決できます。 他のシリーズがある場合は、検索フォームを使ってプリンタの最新のドライバを探すだけです。