キヤノン G5000 ドライバー

Canon PIXUS G5000シリーズは単機能カラーインクジェットプリンターです。大きな内部インクタンクを収容する必要があるため、プリンターは従来のインクジェットプリンターよりも少し大きくなります。幅403mm、奥行き369mmです。棚に置くだけのタイプのプリンタではなく、重量は6.5kgです。それを立てるには、かなり頑丈なデスクが必要です。プリンターの右側と左側にある個々のタンクに4本のインクボトルを手で注ぐ必要があるため、初期セットアッププロセスも従来のインクジェットプリンターにカートリッジのセットを挿入するよりも少し複雑です。ありがたいことに、キヤノンは各タンクの入力バルブに適合する小さなノズルを備えたボトルを設計し、こぼれのリスクを低減しています。それでも、念のため、古い新聞を机の上に置いておくと、まだ安全だと感じるかもしれません。キヤノンG5000シリーズは、詰め替え可能なインクタンクを除けば、かなり一般的なインクジェットプリンターですが、オフィスでの使用に役立つ一連の機能を備えています。 USBおよびwi-fi接続、有線オフィスネットワーク用のイーサネットを備え、印刷用に4800 x 1200 dpiの解像度を提供します。補充可能なインクタンクは別として、このプリンターはかなり一般的なインクジェットプリンターですが、オフィスでの使用に役立つ一連の機能を備えています。 USBおよびwi-fi接続、有線オフィスネットワーク用のイーサネットを備え、印刷用に4800 x 1200 dpiの解像度を提供します。メインのフロントローディング用紙トレイには250枚のA4用紙が収納でき、リアトレイにはさらに100枚のA4用紙または光沢のあるフォト用紙や封筒などの他の種類の用紙が収納できるため、座ったままさまざまなメディアを選択できますあなたの机。 Argos専用プリンターは、3つのブラックインクボトルから最大18,000ページ、カラーセットから最大7,700ページの高出力を提供します。 Canon G5000は、低コストのプリントで最高品質のパフォーマンスを提供します。家庭でののんきで大量印刷に最適です。高品質のドキュメントや写真を印刷するように設計されており、家族やホームオフィスでの使用に最適です。プリンターは、AppleのiOSデバイス用のAirPrint、Googleクラウドプリント、Android用のCanonのPRINTアプリを使用して、自動両面印刷をサポートします。

キヤノン G5000 ドライバ

Canon G5000 ドライバ

キヤノンプリンタ用のドライバが必要な人は、Canonプリンタのモデルを検索するだけでいいのです。 その後、使用しているオペレーティングシステムを選択し、プリンタのドライバをダウンロードすることができます。

また、お読みください: キヤノン G6030 ドライバー

Canon G5000 ドライバーの互換性、インストール、およびダウンロード

キヤノン G5000 ドライバ用のオペレーティングシステムの互換性

ドライバは以下のオペレーティングシステムと互換性があります。ドライバをダウンロードする前にオペレーティングシステムを確認してください。

  • Windows: Windows 10 32-bit (x86) | Windows 10 64-bit (x64) | Windows 8.1 32-bit (x86) | Windows 8.1 64-bit (x64) | Windows 7 64-bit
  • Macintosh: macOS 10.15 Catalina | macOS 10.14 Mojave | macOS 10.13 High Sierra | macOS 10.12 Sierra | OS X 10.11 El-Capitan | OS X 10.10 Yosemite

Canon G5000 ドライバーをダウンロードしてインストールします

Canon G5000に対するオペレーティングシステムの互換性を知った後は、以下のリンクからドライバをダウンロードすることができます。 提供されるこれらのリンクはあなたがあなたの製品の全機能を設定するのに必要なドライバファイル、アプリケーションまたはマニュアルをダウンロードしてインストールします。

Windows 32-bit用/64-bit用の Canon G5000 ドライバをダウンロード

macOSドライバーは使用できません。設定からプリンターを追加してください。

次のステップは、WindowsまたはMacにドライバをインストールする方法を理解することです。 このセクションでは、WindowsとMacOS用のドライバのインストール方法について説明します。

Windows用Canon G5000 ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードしてください。 ファイルが保存されている場所については、コンピューターの設定を確認してください。
  2. ダウンロードした.exeファイルをダブルクリックします。 解凍され、セットアップ画面が表示されます。 指示に従ってソフトウェアをインストールし、必要な設定を行います。

macOS用のキヤノン G5000 ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードし、ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、ディスクイメージにマウントします。
  2. マウントされたディスクイメージをダブルクリックします。 セットアップファイルをダブルクリックして、セットアップ画面を起動します。 画面の指示に従ってソフトウェアをインストールし、プリンタをセットアップします。

また読む:Canon G7030 ドライバ

Canon G5000 プリンタには、コンピュータ、macOS、またはその他の接続デバイスと接続できるドライバも必要です。 そのため、このサイトにはCanonからのリンクがありますので、他のソースからキヤノン G5000 ドライバを見つける必要はありません。 提供されているチュートリアルに従うことで、問題を簡単に解決できます。 他のシリーズがある場合は、検索フォームを使ってプリンタの最新のドライバを探すだけです。