ブラザー DCP-J1200N ドライバー

ブラザー DCP-J1200Nは、大学の寮の部屋や小さなホームオフィスなどの小さなスペースにシームレスに収まるコンパクトでモダンなデザインが特徴です。紙詰まりやインクカートリッジの可能性に簡単にアクセスでき、非常にしっかりと構築されているように感じます。また、厚いアイテムをスキャンするためにわずかに持ち上げるヒンジ付きのフラットベッドスキャナーを備えています。残念ながら、自動ドキュメントフィーダーはなく、全体的に残念ながらゆっくりと印刷されます。それはまあまあ正確な色でまともな見た目の写真を生成しますが、明るい領域でより明白である少しの粒子といくつかの縞模様があります。背面のドアと前面のインクカートリッジを介して、紙詰まりの可能性に簡単にアクセスできます。また、カートリッジにアクセスしたり、カートリッジを交換したりするために、プリンタの電源を入れる必要はありません。プリンタをよりコンパクトにするために出力トレイを完全に押し込むことができます。フロントカセットは取り外し可能で、さまざまな用紙フォーマットに調整できるスライダーが付いています。このプリンタには表示画面はありませんが、現在の設定または対応する機能が動作していることを示すLEDライトのセットを備えた5つのボタンがあります。Brother DCP-J1200Nには、まずまずのスキャン機能があります。フラットベッドスキャナーしかありませんが、写真をデジタル化するときは、スキャンの解像度と色深度で細部をキャプチャする必要があります。スキャンリッドのヒンジもわずかに上がり、雑誌などの厚いアイテムをスキャンします。最大19,200DPIの補間スキャン解像度機能もあります。これにより、非常に詳細で鮮明な画像が得られます。残念ながら、自動ドキュメントフィーダーがないため、複数ページのドキュメントをスキャンするのに長い時間がかかります。印刷、コピー、スキャン機能は、Brother Mobile Connectアプリを介してモバイルデバイスからアクセスできます。ブラザーモバイルコネクトは、事実上どこからでも自由に印刷でき、プリンタのインク使用状況にいつでもアクセスできるユーザーフレンドリーなインターフェイスを備えています。ブラザーインテリジェントページゲージは、アプリからアクセスできる機能であり、使用したインクの量と残りのインクの量を視覚的かつ数値的に知る方法を提供します。このワイヤレスプリンタには、ネットワーク上の複数のユーザーと共有したり、USBインターフェイスを介して単一のコンピュータにローカルに接続したりするためのワイヤレスインターフェイスが組み込まれているなど、複数の柔軟な接続オプションがあります。組み込みのワイヤレス、ワイヤレスダイレクトなど、さまざまな接続オプションから選択するか、USBインターフェイスを介して1台のコンピューターにローカルに接続します。 Alexaで動作します。ブラザー DCP-J1200Nプリンターは使いやすく、すっきりとしたモダンなデザインが特徴で、セットアップが簡単で、AirPrintやEメールプリントによる便利なオプションの印刷が可能です。

ブラザー DCP-J1200N ドライバー

Brother DCP-J1200N ドライバー

ブラザープリンタ用のドライバが必要な人は、ブラザープリンタのモデルを検索するだけでいいのです。 その後、使用しているオペレーティングシステムを選択し、プリンタのドライバをダウンロードすることができます。

また、お読みください: キヤノン GX7030 ドライバ

Brother DCP-J1200N ドライバーの互換性、インストール、およびダウンロード

ブラザー DCP-J1200N ドライバ用のオペレーティングシステムの互換性

ドライバは以下のオペレーティングシステムと互換性があります。ドライバをダウンロードする前にオペレーティングシステムを確認してください。

  • Windows: Windows 10 32-bit (x86) | Windows 8.1 32-bit (x86) | Windows 7 64-bit
  • Macintosh: macOS 11| macOS 10.15 Catalina | macOS 10.14 Mojave | macOS 10.13 High Sierra | macOS 10.12 Sierra

Brother DCP-J1200N ドライバーをダウンロードしてインストールします

Brother DCP-J1200Nに対するオペレーティングシステムの互換性を知った後は、以下のリンクからドライバをダウンロードすることができます。 提供されるこれらのリンクはあなたがあなたの製品の全機能を設定するのに必要なドライバファイル、アプリケーションまたはマニュアルをダウンロードしてインストールします。

Windows 32-bit/64-bit用の Brother DCP-J1200N ドライバをダウンロード

macOS用の Brother DCP-J1200N ドライバをダウンロード

次のステップは、WindowsまたはMacにドライバをインストールする方法を理解することです。 このセクションでは、WindowsとMacOS用のドライバのインストール方法について説明します。

Windows用Brother DCP-J1200N ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードしてください。 ファイルが保存されている場所については、コンピューターの設定を確認してください。
  2. ダウンロードした.exeファイルをダブルクリックします。 解凍され、セットアップ画面が表示されます。 指示に従ってソフトウェアをインストールし、必要な設定を行います。

macOS用のブラザー DCP-J1200N ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードし、ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、ディスクイメージにマウントします。
  2. マウントされたディスクイメージをダブルクリックします。 セットアップファイルをダブルクリックして、セットアップ画面を起動します。 画面の指示に従ってソフトウェアをインストールし、プリンタをセットアップします。

また読む:Canon GX6030 ドライバ

Brother DCP-J1200N プリンタには、コンピュータ、macOS、またはその他の接続デバイスと接続できるドライバも必要です。 そのため、このサイトにはブラザーからのリンクがありますので、他のソースからブラザー DCP-J1200N ドライバを見つける必要はありません。 提供されているチュートリアルに従うことで、問題を簡単に解決できます。 他のシリーズがある場合は、検索フォームを使ってプリンタの最新のドライバを探すだけです。