キヤノン GX6030 ドライバー

全体として、Canon GX6030はしっかりと構築されており、ほとんどの多機能プリンターと同様に、箱型です。脆弱性の主なポイントは、フロントパネルにヒンジで固定されているコントロールパネルです。背面の金属プラグは、プリンタを使用していないときにプリンタを保護するために、プリンタのソケットに適合します。 4つのメディアフィーダーが用意されています。通常のリアフィーダースロット、自動ドキュメントフィーダー、および2つのカセットです。後部フィードスロットは、幅208 mm、長さ1200 mmまでの用紙を受け入れ、後者ではバナーを印刷できます。このフィーダーは、最大275 gsmの重量を受け入れるため、写真用紙に使用する必要があります。スキャナーのふたの上にある自動ドキュメントフィーダー(ADF)は、最大50枚のA4またはレターサイズの用紙、または最大10枚のリーガル(220 x 360 mm)と、他のサイズ。また、シングルパス二重化もサポートしています。プリンタの背面フィードスロットには、印刷面を上に向けて縦向きに用紙をセットするための調整可能なガイドがあります。上部カセットには、4 x6インチおよび5x 7インチのメディアをロードするための調整可能なガイドがあり、下部カセットはA4およびレターサイズのメディア用に構成されています。シートは、印刷可能な面を下に向けてカセットにセットする必要があります。このプリンターは、レーザープリンターに代わる、より環境に配慮した健全な代替品を必要とする中小企業や在宅ビジネスオペレーターに適しています。印刷/コピー/スキャン機能を提供し、ドキュメントを印刷するときにレーザープリンターと同様の品質を提供できますが、ランニングコストは低くなります。どちらのプリンタも高品質の写真プリントを提供できませんが、どちらも最大A4サイズの写真を印刷できます。 キヤノン GX6030は、写真対応プリンターのPIXMAシリーズとは異なり、主にビジネス用に設計されています。どちらのモデルも、コンパクトなデスクトップデザインに収容された、4色(CMYK)顔料ベースのインクシステムを備えており、Maxifyシリーズで初めて詰め替え可能なMegaTankインクタンクテクノロジーを提供します。これらは、印刷およびコピー用に600 x 1200 dpiの出力解像度に加えて、スキャン用に1200 x 1200dpiの解像度を提供します。このプリンタは段ボール箱に入っており、大きなビニール袋に詰められ、発泡スチロールで覆われています。輸送中に動く可能性のある部品は、オレンジ色の粘着テープで固定されています。このテープは、プリンタを主電源に接続する前に取り外す必要があります。次のステップは、付属のコードを介してプリンタを主電源に接続することです。このコードには、背面パネルの左下にあるソケットに差し込む2ピンの8の字型コネクタがあります。その後、コントロールパネルのボタンを使用してプリンタの電源を入れることができます。これにより、タッチスクリーンにメニューが表示され、言語、地域、および日付/時刻の設定を選択するように求められます。 [OK]をタップすると、この手順が完了し、インクを「注ぐ」ように指示されます。スマートデバイス(電話またはタブレット)からキヤノン GX6030を駆動するには、Canon PRINT Inkjet / SELPHYアプリをインストールする必要があります。このアプリには、プリンターに付属の入門マニュアルの印刷されたQRコードからアクセスできます。ファクス機能は、キヤノンのウェブサイトから入手できるファクス設定ガイドにアクセスした場合にのみ使用できます。

キヤノン GX6030 ドライバ

Canon GX6030 ドライバ

キヤノンプリンタ用のドライバが必要な人は、キヤノンプリンタのモデルを検索するだけでいいのです。 その後、使用しているオペレーティングシステムを選択し、プリンタのドライバをダウンロードすることができます。

また、お読みください: キヤノン G3360 ドライバ

Canon GX6030 ドライバーの互換性、インストール、およびダウンロード

キヤノン GX6030 ドライバ用のオペレーティングシステムの互換性

ドライバは以下のオペレーティングシステムと互換性があります。ドライバをダウンロードする前にオペレーティングシステムを確認してください。

  • Windows: Windows 10 32-bit (x86) | Windows 8.1 32-bit (x86) | Windows 7 64-bit
  • Macintosh: macOS 11| macOS 10.15 Catalina | macOS 10.14 Mojave | macOS 10.13 High Sierra | macOS 10.12 Sierra

Canon GX6030 ドライバーをダウンロードしてインストールします

Canon GX6030に対するオペレーティングシステムの互換性を知った後は、以下のリンクからドライバをダウンロードすることができます。 提供されるこれらのリンクはあなたがあなたの製品の全機能を設定するのに必要なドライバファイル、アプリケーションまたはマニュアルをダウンロードしてインストールします。

Windows 32-bit/64-bit用の Canon GX6030 ドライバをダウンロード

Windows 32-bit/64-bit用の Canon GX6030 MP ドライバをダウンロード

macOS用の利用できない基本ドライバー。キヤノン GX6030 をインターネット経由でセットアップしよう

次のステップは、WindowsまたはMacにドライバをインストールする方法を理解することです。 このセクションでは、WindowsとMacOS用のドライバのインストール方法について説明します。

Windows用Canon GX6030 ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードしてください。 ファイルが保存されている場所については、コンピューターの設定を確認してください。
  2. ダウンロードした.exeファイルをダブルクリックします。 解凍され、セットアップ画面が表示されます。 指示に従ってソフトウェアをインストールし、必要な設定を行います。

macOS用のキヤノン GX6030 ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードし、ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、ディスクイメージにマウントします。
  2. マウントされたディスクイメージをダブルクリックします。 セットアップファイルをダブルクリックして、セットアップ画面を起動します。 画面の指示に従ってソフトウェアをインストールし、プリンタをセットアップします。

また読む:Canon GM2030 ドライバ

Canon GX6030 プリンタには、コンピュータ、macOS、またはその他の接続デバイスと接続できるドライバも必要です。 そのため、このサイトにはキヤノンからのリンクがありますので、他のソースからキヤノン GX6030 ドライバを見つける必要はありません。 提供されているチュートリアルに従うことで、問題を簡単に解決できます。 他のシリーズがある場合は、検索フォームを使ってプリンタの最新のドライバを探すだけです。