キヤノン SELPHY CP900 ドライバ

wi-fi 対応の染料サブコンパクトフォトプリンタです。Canon SELPHY CP900 は、わずか47秒でフチなし 4×6 “の写真を印刷することができます。wi-fi 接続の追加により、ユーザーは出力の全体的な品質を犠牲にすることなく、さまざまな状況から印刷するための柔軟性と利便性を提供します。内蔵の画面とコントロールのインターフェイスを使用すると、画像を見つけるために、同じ wi-fi ネットワーク上のコンピュータを参照することができます。また、プリンタへの直接印刷を可能にする iOS および Android アプリもあります。キヤノン SELPHY CP900 コンパクトフォトプリンタは、形見の思い出を生成し、それらをより視覚的に魅力的な色に一致するように赤目と明るさ補正を提供する改善された画像の最適化でスポットオンとシャープネスとコントラストを調整するのに役立ちます画像。その wi-fi 機能に加えて、Canon SELPHY CP900 は、既存のモデルよりも小さく、軽量化されています。キヤノン SELPHY CP900 コンパクトフォトプリンタは、約47秒で高品質の4×6インチの画像を生成することができます。ユーザーは、互換性のあるメモリカードから直接印刷するか、PictBridge 接続を使用して、コンピュータに接続せずに写真を印刷することもできます。電源にアクセスできない場合は、オプションのバッテリと充電器を使用して、印刷が遅れることがないようにします。

キヤノン Selphy CP900 ドライバー

Canon Selphy CP900 ドライバ

このサイトは、Canon SELPHY CP900 ドライバーをダウンロードして簡単にキヤノンのウェブサイトから直接公開するためのダウンロードリンクを提供します。ここから、または公式のウェブサイトから簡単にドライバとアップデートをダウンロードする2つの方法を使用することができます。次のタブリストを使用して、提供するドライバをダウンロードできます。

また、お読みください: キヤノン SELPHY CP910 ドライバ

Canon SELPHY CP900 ドライバの互換性、インストール方法、およびダウンロード

キヤノン SELPHY CP900 ドライバの互換性

ドライバは、次のオペレーティングシステムと互換性があります, ドライバをダウンロードする前に、オペレーティングシステムを確認してください.

  • Windows (Windows 10 32-bit (x86) | Windows 10 64-bit (x64) | Windows 8.1 32-bit (x86) | Windows 8.1 64-bit (x64) | Windows 8 32-bit (x86) | Windows 8 64-bit (x64) | Windows 7 32-bit (x86) | Windows 7 64-bit (x64) | Windows Vista 32-bit (x86) | Windows Vista 64-bit (x64) | Windows XP)
  • Macintosh (MacOS 10.14 |MacOS 10.13 | MacOS 10.12 | OS X 10.11 | OS X 10.10 | OS X 10.9 | OS X 10.8 | Mac OS X 10.7)

Canon SELPHY CP900 ドライバをインストールする方法

SELPHY CP900 ドライバをダウンロードする前に、次のステップとして、コンピュータにインストールする方法を理解しておく必要があります。このパートでは、WindowsおよびMacOS用のドライバのインストール方法について説明します。

Windows 用のキヤノン SELPHY CP900 ドライバをインストールする方法

このチュートリアルでは、プリンタが正常に動作するように windows 用のキヤノン SELPHY CP900 ドライバをインストールするためにご案内します。

  1. Canon SELPHY CP900 のインストールプロセスは、ダウンロードが完了するたびに開始することができ、セットアップを開始する準備が整いました.最初のステップは、ちょうどクリックして、そしてあなたがダウンロードしたファイルを保存するファイル・ディレクトリーを開きます。ドライバファイル名は、通常、.exe で終わります。
  2. ドライバファイルをダブルクリックするか、または管理者として選択または実行するには、それを右クリックし、キヤノン SELPHY CP900 のドライバファイルが抽出されている間、数分間待つことができます。ファイルの解凍が完了したら、次のインストール手順に従ってください。
  3. ソフトウェアプログラムのインストールは、Canon SELPHY CP900 ドライバソフトウェアのパッケージを設定するために開始され、ちょうど設定を完了するために、コンピュータの画面に示されている次の命令を行う.
  4. 次の命令をした後、あなたのキヤノン SELPHY CP900 の印刷装置は使用する準備ができている。

ダウンロード SELPHY CP900 ドライバ Windows (32-bit)
ダウンロード SELPHY CP900 ドライバ Windows (64-bit)

MacOS のためのキヤノン SELPHY CP900 ドライバをインストールする方法

このチュートリアルでは、お使いのプリンタが正常に動作させるために MacOS 用キヤノン SELPHY CP900 ドライバをインストールするためにご案内します。

  1. まず、ドライバのファイルが必要です。既にダウンロード処理を完了している場合は、特定のフォルダに保存されます。あなたは、コンピュータの設定でそれを見ることができます。
  2. 次に、ダウンロードしたドライバファイルをダブルクリックして、ディスクイメージにマウントする必要があります。
  3. 番目のステップは、あなたが再びマウントされたディスクイメージをダブルクリックする必要があるということです.
  4. 最後に、パッケージ化されたドライバファイルをダブルクリックします。心配しないで、インストールが自動的に開始されようとしています。

ダウンロード SELPHY CP900 ドライバ Mac

また読む:Canon SELPHY CP1200 ドライバ

一部のCanonプリンタ製品では、製品とコンピュータの接続を有効にするドライバが必要です。 したがって、他のソースから Canon SELPHY CP900 ドライバを見つける必要はありません。他のシリーズをお持ちの場合は、単に検索フォームを使用してモデルを検索してください。