キヤノン SELPHY CP600 ドライバ

超軽量、携帯用キヤノンコンパクトフォトプリンター Selphy CP600 は、AC 電源または付属の充電式バッテリーを使用してどこでも印刷する自由を提供します。また、IrDA 対応のカメラフォンからワイヤレスで印刷することもできます。それは速いです-キヤノン Selphy CP600 はわずか63秒で、長期的な、高品質のはがきサイズ (4 バイ6インチ) カラープリントを生成します。また、ワイドサイズ (4 ~ 8 インチ)、クレジットカードサイズ、ミニラベルなど、さまざまなサイズを印刷することもできます。Canon Selphy CP600 は、プロのフォトラボによって作成された画像の外観と耐久性に匹敵する鮮やかな色、長期的なプリントを生成します。また、ワイドサイズ (4 ~ 8 インチ) のプリントを作成するにはわずか106秒かかります。はがきサイズ (4 ~ 6 インチ) の画像はわずか63秒で印刷され、クレジットカードサイズの画像は印刷に40秒しか必要ありません。(すべての報告された速度は最大です。実際の速度は異なります。色の256のレベルとの 300-dpi 昇華技術を使用して、この密集した写真プリンターは本当に生命の正確さの皮の調子、シェーディング、および罰金の細部をレンダリングする。透明な水およびフェード抵抗力があるコーティングは日光および湿気の有害な影響に対して加えられた保護を提供する。デジタルカメラに同梱されている標準の USB ケーブルを使用して、キヤノン製デジタルカメラまたは PictBridge 対応のデジタルカメラをキヤノン Selphy CP600 に接続します。これで、印刷する準備が整いました。コンピュータを使用する必要はありません。カメラの LCD で画像を再生するだけです。次に、点灯したプリント/共有ボタンを押します (選択キヤノン PowerShot モデルでのみ利用可能)。印刷/共有ボタンのないカメラの場合は、関数メニューの「印刷」を押すだけです。Canon Selphy CP600 ドライバは、PictBridge 印刷規格をサポートしているので、任意の PictBridge 準拠のデジタルカメラは、これらのプリンタに接続することができます。プラス、あなたはインデックス、部分的なイメージ、複数のコピーと正確なサイズの印刷だけでなく、自動 DPOF 印刷の利点を楽しむことができます。

キヤノン Selphy CP600 ドライバー

Canon Selphy CP600 ドライバ

このサイトは、Canon SELPHY CP600 ドライバーをダウンロードして簡単にキヤノンのウェブサイトから直接公開するためのダウンロードリンクを提供します。ここから、または公式のウェブサイトから簡単にドライバとアップデートをダウンロードする2つの方法を使用することができます。次のタブリストを使用して、提供するドライバをダウンロードできます。

また、お読みください: キヤノン SELPHY CP710 ドライバ

Canon SELPHY CP600 ドライバの互換性、インストール方法、およびダウンロード

キヤノン SELPHY CP600 ドライバの互換性

ドライバは、次のオペレーティングシステムと互換性があります, ドライバをダウンロードする前に、オペレーティングシステムを確認してください.

  • Windows (Windows 10 32-bit (x86) | Windows 10 64-bit (x64) | Windows 8.1 32-bit (x86) | Windows 8.1 64-bit (x64) | Windows 8 32-bit (x86) | Windows 8 64-bit (x64) | Windows 7 32-bit (x86) | Windows 7 64-bit (x64) | Windows Vista 32-bit (x86) | Windows Vista 64-bit (x64) | Windows XP)
  • Macintosh (MacOS 10.14 |MacOS 10.13 | MacOS 10.12 | OS X 10.11 | OS X 10.10 | OS X 10.9 | OS X 10.8 | Mac OS X 10.7)

Canon SELPHY CP600 ドライバをインストールする方法

SELPHY CP600 ドライバをダウンロードする前に、次のステップとして、コンピュータにインストールする方法を理解しておく必要があります。このパートでは、WindowsおよびMacOS用のドライバのインストール方法について説明します。

Windows 用のキヤノン SELPHY CP600 ドライバをインストールする方法

このチュートリアルでは、プリンタが正常に動作するように windows 用のキヤノン SELPHY CP600 ドライバをインストールするためにご案内します。

  1. Canon SELPHY CP600 のインストールプロセスは、ダウンロードが完了するたびに開始することができ、セットアップを開始する準備が整いました.最初のステップは、ちょうどクリックして、そしてあなたがダウンロードしたファイルを保存するファイル・ディレクトリーを開きます。ドライバファイル名は、通常、.exe で終わります。
  2. ドライバファイルをダブルクリックするか、または管理者として選択または実行するには、それを右クリックし、キヤノン SELPHY CP600 のドライバファイルが抽出されている間、数分間待つことができます。ファイルの解凍が完了したら、次のインストール手順に従ってください。
  3. ソフトウェアプログラムのインストールは、Canon SELPHY CP600 ドライバソフトウェアのパッケージを設定するために開始され、ちょうど設定を完了するために、コンピュータの画面に示されている次の命令を行う.
  4. 次の命令をした後、あなたのキヤノン SELPHY CP600 の印刷装置は使用する準備ができている。

ダウンロード SELPHY CP600 ドライバ Windows (32-bit)

ダウンロード SELPHY CP600 ドライバ Windows (64-bit)

MacOS のためのキヤノン SELPHY CP600 ドライバをインストールする方法

このチュートリアルでは、お使いのプリンタが正常に動作させるために MacOS 用キヤノン SELPHY CP600 ドライバをインストールするためにご案内します。

  1. まず、ドライバのファイルが必要です。既にダウンロード処理を完了している場合は、特定のフォルダに保存されます。あなたは、コンピュータの設定でそれを見ることができます。
  2. 次に、ダウンロードしたドライバファイルをダブルクリックして、ディスクイメージにマウントする必要があります。
  3. 番目のステップは、あなたが再びマウントされたディスクイメージをダブルクリックする必要があるということです.
  4. 最後に、パッケージ化されたドライバファイルをダブルクリックします。心配しないで、インストールが自動的に開始されようとしています。

ダウンロード SELPHY CP600 ドライバ Mac

また読む:Canon SELPHY CP720 ドライバ

一部のCanonプリンタ製品では、製品とコンピュータの接続を有効にするドライバが必要です。 したがって、他のソースから Canon SELPHY CP600 ドライバを見つける必要はありません。他のシリーズをお持ちの場合は、単に検索フォームを使用してモデルを検索してください。