キヤノン Satera LBP7200C ドライバ

Canon Satera LBP7200Cは他の多くのエントリーレベルプリンターよりも大きくて重いので、ホームオフィスでそのためのスペースを見つけるのは難しいかもしれません。それは魅力的ではありませんが、用紙トレイがフロントパネルと出会う場所に大きな隙間があるため、少しぎこちなく見えます。イーサネットポートと自動二重化を標準として、非常によく指定されています。 250枚カセットと50枚の多目的トレイ(最大A4)が全体の生産性を高めます。小規模のワークグループは、このSatera LBP7200Cネットワーク対応ユニットを使用して、接続されているすべてのPCから生産的なカラー印刷を共有できます。リモートユーザーインターフェイス(RUI)を使用すると、ユーザーと管理者は、標準のWebブラウザから直接プリンタの状態を簡単に監視および管理できます。ネットワーク上でのプリンタの設定は、自動IP設定と「ポイントアンドプリント」インストールを使用して迅速かつ簡単に行えます。このネットワーク対応のコンパクトカラーレーザープリンタは、生産的な自動両面印刷とエネルギー効率を備えた、高速でプロフェッショナルなカラー出力を必要とする小規模のワークグループに最適です。 Canon LBP7200Cは、カラー印刷時に15.2ppmの24ページ混色テストを実行し、30秒以内に両方のカラーフォトテストを完了し、この価格でほとんどのレーザープリンタよりも早く完了しました。デュプレクサを使用して、それは私たちの混色テストの最初の10ページを79秒で5枚の紙に印刷しました。 16ppmをやや下回ると、黒いテキストを印刷する速度はそれほど印象的ではありませんでした。

キヤノン Satera LBP7200C ドライバー

Canon Satera LBP7200C ドライバー

このサイトは、キヤノンのウェブサイトから直接リンクされている Canon Satera LBP7200C ドライバをダウンロードするためのダウンロードリンクを提供します。ここから、あなたは簡単にキヤノンの公式サイトからドライバやアップデートをダウンロードすることができます。次のセクションを使用して、オペレーティングシステムに基づいて互換性のあるドライバをダウンロードできます。

また、お読みください: キヤノン Satera LBP712Ci ドライバ

Canon LBP7200C ドライバの互換性、インストール方法、およびダウンロード

キヤノン LBP7200C ドライバの互換性

ドライバは、次のオペレーティングシステムと互換性があります, ドライバをダウンロードする前に、オペレーティングシステムを確認してください.

  • Windows (Windows 10 32-bit (x86) | Windows 10 64-bit (x64) | Windows 8.1 32-bit (x86) | Windows 8.1 64-bit (x64) | Windows 8 32-bit (x86) | Windows 8 64-bit (x64) | Windows 7 32-bit (x86) | Windows 7 64-bit (x64) | Windows Vista 32-bit (x86) | Windows Vista 64-bit (x64) | Windows XP)
  • Macintosh (MacOS 10.14 Mojave |MacOS 10.13 High Sierra | MacOS 10.12 Sierra | OS X 10.11 El-Capitan | OS X 10.10 Yosemite | OS X 10.9 Mavericks | OS X 10.8 Mountain Lion | Mac OS X 10.7 Lion)

Canon LBP7200C ドライバをインストールする方法

LBP7200C ドライバをダウンロードする前に、次のステップとして、コンピュータにインストールする方法を理解しておく必要があります。このパートでは、WindowsおよびMacOS用のドライバのインストール方法について説明します。

Windows 用のキヤノン LBP7200C ドライバをインストールする方法

このチュートリアルに従って、それはあなたが Windows 用のキヤノン LBP7200C ドライバをインストールするためにご案内します、プリンタは、ドライバのインストール後に正常に動作します。

  1. Canon LBP7200C のインストールプロセスは、ダウンロードが完了するたびに開始することができ、セットアップを開始する準備が整いました.最初のステップは、ちょうどクリックして、そしてあなたがダウンロードしたファイルを保存するファイル・ディレクトリーを開きます。ドライバファイル名は、通常、.exe で終わります。
  2. ドライバファイルをダブルクリックするか、または管理者として選択または実行するには、それを右クリックし、キヤノン LBP7200C のドライバファイルが抽出されている間、数分間待つことができます。ファイルの解凍が完了したら、次のインストール手順に従ってください。
  3. ソフトウェアプログラムのインストールは、Canon LBP7200C ドライバソフトウェアのパッケージを設定するために開始され、ちょうど設定を完了するために、コンピュータの画面に示されている次の命令を行う.
  4. 次の命令をした後、あなたのキヤノン LBP7200C の印刷装置は使用する準備ができている。

Windows 32-bitの Canon LBP7200C ドライバをダウンロード

Windows 64-bitの Canon LBP7200C ドライバをダウンロード

MacOS のためのキヤノン LBP7200C ドライバをインストールする方法

このチュートリアルに従って、それはあなたが MacOS 用のキヤノン LBP7200C ドライバをインストールするためにご案内します、プリンタは、ドライバのインストール後に正常に動作します。

  1. まず、ドライバのファイルが必要です。既にダウンロード処理を完了している場合は、特定のフォルダに保存されます。あなたは、コンピュータの設定でそれを見ることができます。
  2. 次に、ダウンロードしたドライバファイルをダブルクリックして、ディスクイメージにマウントする必要があります。
  3. 番目のステップは、あなたが再びマウントされたディスクイメージをダブルクリックする必要があるということです.
  4. 最後に、パッケージ化されたドライバファイルをダブルクリックします。心配しないで、インストールが自動的に開始されようとしています。

Mac OSの Canon LBP7200C ドライバをダウンロード

また読む:Canon Satera LBP7110C ドライバ

キヤノンプリンター製品は、プリンター/スキャナーとコンピューター間の接続を有効にするドライバーが必要です。そのため、他のソースからキヤノン LBP7200C ドライバを見つける必要はありません。他のシリーズがある場合は、検索フォームを使用して、プリンタの最新のドライバを見つけるだけです。