RICOH IM C6000 ドライバー

真のパワーハウスであるこのリコー IM C6000 60 ppm A3カラーオールインワンプリンターは、卓越した最高のパフォーマンスを提供します。最も要求の厳しい要件を簡単に満たすことができ、真のビジネス上の利点を提供します。ボトルネックの解消、真っ白な色、白黒の出力が高速で生成されます。クイック認証は定期的にセキュリティを保護します。また、時間を節約するために、両面ドキュメントを1回のパスでデジタル化し、電子ドキュメント管理システムに直接アップロードすることができます。リコーの10.1インチスマートオペレーションパネルは、操作を簡素化します。近づくと点灯し、スマートなアプリケーションや設定にアクセスできます。投資の将来を保証し、ビジネス要件の変化に応じて新しいアプリケーションを簡単に追加できます。また、一般的な印刷およびコピーの要件を満たすだけでなく、Ricoh IM C6000を使用して、請求書や発送メモなどのミッションクリティカルなトランザクションドキュメントを印刷することもできます。生産性を最大化するためにそれらを一晩実行します。シングルパスドキュメントフィーダー(SPDF)を使用して、ドキュメントを最大240画像/分(ipm)で共有しやすいデジタルファイルに変換します。複数のスキャン先オプションを使用して、すぐに配信します。または、Dropbox™やSharePoint™などのクラウドサービスにファイルを送信します。オプションのダブルフィード検出ユニットを使用して、デュアルオリジナルフィードを減らします。オプションの小型紙送りユニットを使用して、チケットや小切手などをスキャンします。パスコードを入力するか、オプションのカードリーダーで認証してプリントをリリースするようにユーザーを設定します。ユーザーは、埋め込まれた近距離無線通信(NFC)タグとペアになっているAndroid®モバイルデバイスから認証および印刷することもできます。オプションのRICOH Streamline NXでチャージバックを発行します。組み込みの暗号化に依存し、リコーのみのオペレーティングシステムでOS固有の脅威を最小限に抑えます。

リコー IM C6000 ドライバー

リコー IM C6000 ドライバー

リコープリンタ用のドライバが必要な人は、リコープリンタのモデルを検索するだけでいいのです。 その後、使用しているオペレーティングシステムを選択し、プリンタのドライバをダウンロードすることができます。

また、お読みください: リコー IM C6500 ドライバー

Ricoh IM C6000 ドライバーの互換性、インストール、およびダウンロード

リコー IM C6000 ドライバ用のオペレーティングシステムの互換性

ドライバは以下のオペレーティングシステムと互換性があります。ドライバをダウンロードする前にオペレーティングシステムを確認してください。

  • Windows: Windows 11, Windows 10 32-bit/64-bit | Windows 8.1 32-bit/64bit
  • Macintosh: macOS 11 | macOS 10.15 Catalina | macOS 10.14 Mojave | macOS 10.13 High Sierra | macOS 10.12 Sierra

Ricoh IM C6000 ドライバーをダウンロードしてインストールします

Ricoh IM C6000に対するオペレーティングシステムの互換性を知った後は、以下のリンクからドライバをダウンロードすることができます。 提供されるこれらのリンクはあなたがあなたの製品の全機能を設定するのに必要なドライバファイル、アプリケーションまたはマニュアルをダウンロードしてインストールします。

Windows 32-bit用のRicoh IM C6000 ドライバをダウンロード

Windows 64-bit用のRicoh IM C6000 ドライバをダウンロード

macOS用のRicoh IM C6000 ドライバをダウンロード

Ricoh IM C6000 プリンタには、コンピュータ、macOS、またはその他の接続デバイスと接続できるドライバも必要です。 そのため、このサイトにはリコーからのリンクがありますので、他のソースからリコー IM C6000 ドライバを見つける必要はありません。 提供されているチュートリアルに従うことで、問題を簡単に解決できます。 他のシリーズがある場合は、検索フォームを使ってプリンタの最新のドライバを探すだけです。