キヤノン LBP611C ドライバ

最高の信頼性および容易な維持の有効で、密集した単位によって、提供される高速、良質色レーザーの印刷。キヤノンの改良されたカラー技術は、ユーザーがドキュメントや印刷物の影響を最大化し、注目を集める大胆で印象的な色合いを提供するのに役立ちます。Canon Satera LBP611C シリーズは、妥協のない品質を確保するために設計されています, 有望な活気のある, 効いた色の時間と時間を再び.セールスメモ、マーケティングパンフレット、または単純な内部コミュニケーションを忠実に再現できるようになり、真に共鳴する正確で堅実な色が印象的です。成長する企業は、俊敏性と生産性を維持する必要があり、モバイル印刷が重要な理由です。キヤノン LBP611C は、標準として AirPrint と Mopria のサポートと、ユーザーの最大のモバイル互換性を提供しています。さらに、ワイヤレス直接接続により、ゲストはネットワークアクセスを必要とせずに印刷できるため、セキュリティ上の問題にも対応しながら、柔軟性と俊敏性が向上します。キヤノンプリントビジネスモバイルアプリケーション助長キヤノン Satera LBP611C モバイルの資格情報を提供しています, モバイル作業をサポートするために設計された便利な機能の範囲を配信.真新しいエンジンのおかげで、プリンターは色および白黒設定の両方の印象的な印刷速度を提供する。1分あたり18枚までのページを提供することができる、Canon LBP611C は安心の迅速なパフォーマンスを約束し、企業が生産性と効率を維持することができます。そして、すべての間、同じ一貫して高品質が毎回保証されています。

キヤノン Satera LBP611C ドライバー

Canon Satera LBP611C ドライバー

このサイトは、キヤノンのウェブサイトから直接リンクされている Canon Satera LBP611C ドライバをダウンロードするためのダウンロードリンクを提供します。ここから、あなたは簡単にキヤノンの公式サイトからドライバやアップデートをダウンロードすることができます。次のセクションを使用して、オペレーティングシステムに基づいて互換性のあるドライバをダウンロードできます。

また、お読みください: キヤノン Satera LBP6040 ドライバ

Canon LBP611C ドライバの互換性、インストール方法、およびダウンロード

キヤノン LBP611C ドライバの互換性

ドライバは、次のオペレーティングシステムと互換性があります, ドライバをダウンロードする前に、オペレーティングシステムを確認してください.

  • Windows (Windows 10 32-bit (x86) | Windows 10 64-bit (x64) | Windows 8.1 32-bit (x86) | Windows 8.1 64-bit (x64) | Windows 8 32-bit (x86) | Windows 8 64-bit (x64) | Windows 7 32-bit (x86) | Windows 7 64-bit (x64) | Windows Vista 32-bit (x86) | Windows Vista 64-bit (x64) | Windows XP)
  • Macintosh (MacOS 10.14 |MacOS 10.13 | MacOS 10.12 | OS X 10.11 | OS X 10.10 | OS X 10.9 | OS X 10.8 | Mac OS X 10.7)

Canon LBP611C ドライバをインストールする方法

LBP611C ドライバをダウンロードする前に、次のステップとして、コンピュータにインストールする方法を理解しておく必要があります。このパートでは、WindowsおよびMacOS用のドライバのインストール方法について説明します。

Windows 用のキヤノン LBP611C ドライバをインストールする方法

このチュートリアルに従って、それはあなたが Windows 用のキヤノン LBP611C ドライバをインストールするためにご案内します、プリンタは、ドライバのインストール後に正常に動作します。

  1. Canon LBP611C のインストールプロセスは、ダウンロードが完了するたびに開始することができ、セットアップを開始する準備が整いました.最初のステップは、ちょうどクリックして、そしてあなたがダウンロードしたファイルを保存するファイル・ディレクトリーを開きます。ドライバファイル名は、通常、.exe で終わります。
  2. ドライバファイルをダブルクリックするか、または管理者として選択または実行するには、それを右クリックし、キヤノン LBP611C のドライバファイルが抽出されている間、数分間待つことができます。ファイルの解凍が完了したら、次のインストール手順に従ってください。
  3. ソフトウェアプログラムのインストールは、Canon LBP611C ドライバソフトウェアのパッケージを設定するために開始され、ちょうど設定を完了するために、コンピュータの画面に示されている次の命令を行う.
  4. 次の命令をした後、あなたのキヤノン LBP611C の印刷装置は使用する準備ができている。

Windows 32-bitの Canon LBP611C ドライバをダウンロード

Windows 64-bitの Canon LBP611C ドライバをダウンロード

MacOS のためのキヤノン LBP611C ドライバをインストールする方法

このチュートリアルに従って、それはあなたが MacOS 用のキヤノン LBP611C ドライバをインストールするためにご案内します、プリンタは、ドライバのインストール後に正常に動作します。

  1. まず、ドライバのファイルが必要です。既にダウンロード処理を完了している場合は、特定のフォルダに保存されます。あなたは、コンピュータの設定でそれを見ることができます。
  2. 次に、ダウンロードしたドライバファイルをダブルクリックして、ディスクイメージにマウントする必要があります。
  3. 番目のステップは、あなたが再びマウントされたディスクイメージをダブルクリックする必要があるということです.
  4. 最後に、パッケージ化されたドライバファイルをダブルクリックします。心配しないで、インストールが自動的に開始されようとしています。

Mac OSの Canon LBP611C ドライバをダウンロード

また読む:Canon Satera LBP6030 ドライバ

キヤノンプリンター製品は、プリンター/スキャナーとコンピューター間の接続を有効にするドライバーが必要です。そのため、他のソースからキヤノン LBP611C ドライバを見つける必要はありません。他のシリーズがある場合は、検索フォームを使用して、プリンタの最新のドライバを見つけるだけです。