エプソン PX-S5010 ドライバー

Epson PX-S5010プリンターを使用して、A3までのサイズの看板、写真、ポスター、およびドキュメントを印刷できます。わずか27秒で4×6 “の写真を作成し、最大13×19″のサイズの印刷用のフチなし写真印刷をサポートします。オートコレクト機能が写真を最適化し、プロ並みの結果を可能にする一方で、スマートデバイスから直接印刷することができます。プリンタが行うのは印刷だけなので、コントロールパネルはそれほど必要ありません。入手できるのは、メニューや画面上の生産性アプリやプロファイルをナビゲートするための一連のボタンが付いた2.4インチLCDです。プリンタでの用紙処理は、2つの入力ソースで構成されます。前面の200枚の普通紙カセットと、マシンの背面にある50枚のフィーダー(主にプレミアム写真およびワイドフォーマット用紙用)です。印刷されたページは、必要に応じて展開される自動出力トレイにセットされます。どちらのマシンでも、表面処理済みの光ディスクにラベルを印刷でき、ディスクとジュエルケースインサートを設計および印刷するための付属のソフトウェアが付属しています。さらに、プリンタは4×6インチから13×19インチまでのすべてのサイズのフチなしページを印刷できます。 エプソン PX-S5010の接続オプションは、イーサネット、Wi-Fi、Wi-Fi Direct、USB経由で1台のPCに接続、およびUSBホストで構成されています。 Wi-Fi Directに加えて、他のモバイルオプションには、クラウド接続機能のEpson Connectポートフォリオが含まれます:Epson E-mail Print、Epson Remote Print、さまざまなクラウドサイトに接続するためのEpson iPrint App(iOS、Android)、Creative Printカレンダー、グリーティングカードなどを作成するためのアプリ(iOS、Android)テンプレート。サードパーティの接続サポートには、Android印刷、Apple AirPrint、Fire OS印刷、Googleクラウドプリント、およびMopriaが含まれます。

Epson PX-S5010 ドライバ (Windows/macOS)

エプソン PX-S5010 ドライバ

エプソンプリンタ用のドライバが必要な人は、エプソンプリンタのモデルを検索するだけでいいのです。 その後、使用しているオペレーティングシステムを選択し、プリンタのドライバをダウンロードすることができます。

また、お読みください: エプソン PX-S270T ドライバー

Epson PX-S5010 ドライバーの互換性、インストール、およびダウンロード

エプソン PX-S5010 ドライバ用のオペレーティングシステムの互換性

ドライバは以下のオペレーティングシステムと互換性があります。ドライバをダウンロードする前にオペレーティングシステムを確認してください。

  • Windows: Windows 11, Windows 10 32-bit/64-bit | Windows 8.1 32-bit/64bit
  • Macintosh: macOS 11 | macOS 10.15 Catalina | macOS 10.14 Mojave | macOS 10.13 High Sierra | macOS 10.12 Sierra

Epson PX-S5010 ドライバーをダウンロードしてインストールします

Epson PX-S5010に対するオペレーティングシステムの互換性を知った後は、以下のリンクからドライバをダウンロードすることができます。 提供されるこれらのリンクはあなたがあなたの製品の全機能を設定するのに必要なドライバファイル、アプリケーションまたはマニュアルをダウンロードしてインストールします。

Windows ドライバー

Windows 32-bit用のEpson PX-S5010 ドライバをダウンロード

Windows 64-bit用のEpson PX-S5010 ドライバをダウンロード

macOS ドライバー

macOS用のEpson PX-S5010 ドライバをダウンロード

Epson PX-S5010 プリンタには、コンピュータ、macOS、またはその他の接続デバイスと接続できるドライバも必要です。 そのため、このサイトにはエプソンからのリンクがありますので、他のソースからエプソン PX-S5010 ドライバを見つける必要はありません。 提供されているチュートリアルに従うことで、問題を簡単に解決できます。 他のシリーズがある場合は、検索フォームを使ってプリンタの最新のドライバを探すだけです。