キヤノン imagePROGRAF iPF5000 ドライバ

Canon imagePROGRAF iPF5000プリンタは大きく、設置するのに2人で作業する必要がありますが、セットアップはすばやく簡単で、イーサネット経由でネットワークに、またはUSB 2.0経由で特定のMacに接続できます。プリントエンジン、インクシステム、およびプリントキャリッジはしっかりしていますが、給紙カセット、手差しガイド、および出力トレイは薄くて薄いプラスチックで作られているため、プリンタの品質が損なわれ、寿命が心配になります。キヤノン imagePROGRAF iPF5000の印刷品質と印刷速度は、印刷の専門家にとって最も重要な問題ですが、私たちの全体的な印象からはちょっとした細部まで細部が欠けていました。まず第一にマニュアルはHTMLベースで、製品に付属している多くのCDの1つにあります。ナビゲートするのが難しく、Mac特有の操作を説明している場所でWindowsスクリーンショットを持っていて、そして一般的にはほとんど役に立ちませんでした。幸いなことに、プリンタの操作は簡単で、ドライバの機能は理解しやすいので、この扱いにくいドキュメントを頻繁に操作する必要はありません。Canon imagePROGRAF iPF5000 Luciaインクセットは、赤、青、緑、灰色、フォトグレー、シアン、フォトシアン、マゼンタ、フォトマゼンタ、イエロー、レギュラーブラック、マットブラックの12個の個別のインクカートリッジで構成されています。ただし、いつでも使用できるインクの最大数は11です。光沢紙または半光沢紙に印刷する場合、キヤノン imagePROGRAF iPF5000は通常の黒インクを使用します。マット紙またはファインアート紙を使用している場合、プリンタはマットブラックインクを使用します。 Canonには、標準のMac OSおよびWindowsドライバだけでなく、Photoshopから直接印刷するためのプラグインも含まれています。このプラグインは、ページサイズや用紙の種類の変更、モノクロとカラーの出力の切り替えなど、さまざまな用途に使用できます。また、16ビットモードで画像を印刷することもできます。キヤノンが言うには、アップルのプリントドライバで得られるよりも滑らかな階調とより良い印刷を提供します。これには8ビットの制限があります。

キヤノン imagePROGRAF iPF5000 ドライバー

Canon imagePROGRAF iPF5000 ドライバー

キヤノンプリンタ用のドライバが必要な人は、Canonプリンタのモデルを検索するだけでいいのです。 その後、使用しているオペレーティングシステムを選択し、プリンタのドライバをダウンロードすることができます。 このサイトでは、ダウンロードリンクはキヤノンのサポートWebサイトから直接リンクされています、キヤノンは Canon imagePROGRAF iPF5000ユーザーがドライバをダウンロードしやすいようにするための直接ダウンロードリンクを提供しています。

また、お読みください: キヤノン imagePROGRAF TX-4000 ドライバ

Canon imagePROGRAF iPF5000 ドライバーの互換性、インストール、およびダウンロード

キヤノン imagePROGRAF iPF5000 ドライバ用のオペレーティングシステムの互換性

ドライバは以下のオペレーティングシステムと互換性があります。ドライバをダウンロードする前にオペレーティングシステムを確認してください。

  • Windows: Windows 10 32-bit (x86) | Windows 10 64-bit (x64) | Windows 8.1 32-bit (x86) | Windows 8.1 64-bit (x64) | Windows 8 32-bit (x86) | Windows 8 64 -bit (x64) | Windows 7 32-bit (x86) | Windows 7 64-bit (x64) | Windows Vista 32-bit (x86) | Windows Vista 64-bit (x64) | Windows XP
  • Macintosh: MacOS 10.14 Mojave | MacOS 10.13 High Sierra | MacOS 10.12 Sierra | OS X 10.11 El-Capitan | OS X 10.10 Yosemite | OS X 10.9 Mavericks | OS X 10.8 Mountain Lion | Mac OS X 10.7 Lion

Canon imagePROGRAF iPF5000 ドライバーをダウンロードしてインストールします

Canon imagePROGRAF iPF5000に対するオペレーティングシステムの互換性を知った後は、以下のリンクからドライバをダウンロードすることができます。 提供されるこれらのリンクはあなたがあなたの製品の全機能を設定するのに必要なドライバファイル、アプリケーションまたはマニュアルをダウンロードしてインストールします。

Windows 32-bit用の Canon imagePROGRAF iPF5000 ドライバをダウンロード

Windows 64-bit用の Canon imagePROGRAF iPF5000 ドライバをダウンロード

Mac OS用の Canon imagePROGRAF iPF5000 ドライバをダウンロード

次のステップは、WindowsまたはMacにドライバをインストールする方法を理解することです。 このセクションでは、WindowsとMacOS用のドライバのインストール方法について説明します。

Windows用Canon imagePROGRAF iPF5000 ドライバをインストールする方法

Windowsのインストールとダウンロードの規則については、以下の手順に従ってください。重要:次の手順を実行しながら、必ずPCをインターネットに接続してください。

  1. ファイルをダウンロードしてください。 ファイルが保存されている場所については、コンピューターの設定を確認してください。
  2. ダウンロードした.exeファイルをダブルクリックします。 解凍され、セットアップ画面が表示されます。 指示に従ってソフトウェアをインストールし、必要な設定を行います。

Canon imagePROGRAF iPF5000ドライバ&ソフトウェアを削除&アンインストールする方法?

  1. コンピュータまたはPCのコントロールパネルを開きます。
  2. プログラムを見つけて、プログラムのアンインストールをクリックします。
  3. インストールされているプリンタimagePROGRAF iPF5000のドライバを見つけます。
  4. 次に、上部にある[アンインストール]をクリックします。
  5. アンインストールプロセスが完了するまで、はいを確認して次へと次へをクリックしてください。

Mac用のキヤノン imagePROGRAF iPF5000 ドライバをインストールする方法

このチュートリアルでは、iMac、Macbook、またはその他のmacOS用Canon imagePROGRAF iPF5000 ドライバをインストールするように導きます。ファイルをダウンロードしてください。 ファイルが保存されている場所については、Macの設定を確認してください。これは、Mac上で製品の初期設定(USB接続またはネットワーク接続)を実行したり、さまざまなソフトウェアをインストールしたりするのに役立つインストールソフトウェアです。

  1. ファイルをダウンロードしてください。 ファイルが保存されている場所については、コンピューターの設定を確認してください。
  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてディスクイメージにマウントします。
  3. マウントされているディスクイメージをダブルクリックします。
  4. セットアップファイルをダブルクリックしてセットアップ画面を起動します。 画面の指示に従ってソフトウェアをインストールし、プリンタの接続設定を行います。

また読む:Canon imagePROGRAF TX-3000 ドライバ

Canon imagePROGRAFプリンタには、コンピュータ、Mac、またはその他の接続デバイスと接続できるドライバも必要です。 そのため、このサイトにはCanonからのリンクがありますので、他のソースからCanon imagePROGRAF iPF5000ドライバを見つける必要はありません。 提供されているチュートリアルに従うことで、問題を簡単に解決できます。 他のシリーズがある場合は、検索フォームを使ってプリンタの最新のドライバを探すだけです。