キヤノン Satera MF8280Cw ドライバー

150枚の給紙トレイ、デュプレクサ、アップグレードオプションを備えていないプリンタの用紙処理により、Canon Satera MF8280Cwは軽量用途にのみ適したものとして効果的に定義されます。 150枚の容量は、ほとんどの小規模オフィスに十分な容量であり、1枚の手差しが便利です。ただし、コピーや受信ファックスを含めて1日あたり約30ページを超える印刷を行う場合、用紙トレイを絶えず補充しなければならないことは、すぐに煩わしい雑用に変わる可能性があります。スキャンの場合、プリンターはレターサイズのフラットベッドに50ページの自動ドキュメントフィーダー(ADF)を追加します。これにより、リーガルサイズのページと複数ページのドキュメントを処理できます。キヤノンは、モノクロとカラーの両方で1分あたり14ページ(ppm)のプリンターを評価しています。これは、フォーマットがほとんどまたはまったくないテキストファイルを印刷するときに表示される速度です。出力品質は、キヤノン Satera MF8280Cwプリンターの長所であり、テキスト、グラフィックス、写真の品質はすべて同等以上です。テキストは、カラーレーザーMFPの大部分が含まれる範囲の上限にあるため、小さなフォントの通常の必要性と非常に批判的な目がない限り、あらゆるビジネス用途に十分適しています。同様に、グラフィックス出力は、出力が完全にプロフェッショナルに見えることが重要な場合に重要なクライアントまたは顧客に送信される出力を含め、あらゆるビジネスニーズに簡単に対応できます。完璧主義のレベルによっては、1ページの配布物やメーラーなどのDYIマーケティング資料にも十分だと考えるかもしれません。プリンタは細い線を失う傾向がありますが、ほとんどのプリンタははるかに悪いです。写真出力は、普通紙に印刷するときに真の写真品質にほぼ近づくことができるため、カラーレーザーMFPで利用できる最高の出力に近くなります。ガラスの後ろのフレームに写真をマウントします。よく見て、写真が本当の写真品質ではないことを確認する必要があります。確かに、1ページの配布資料などに写真を印刷するには十分です。 キヤノン Satera MF8280Cwは、USBポートに加えて、Wi-Fi接続と有線ネットワーク接続の両方をサポートしています。スタンドアロンのファックス機およびカラーコピー機として機能し、USBメモリキーへのスキャンまたはUSBメモリキーからの印刷が可能です。さらに、モバイル印刷機能が強化され、GoogleクラウドプリントとWi-Fiアクセスポイントを介したiThingsからの印刷がサポートされます。

キヤノン Satera MF8280Cw ドライバー

Canon Satera MF8280Cw ドライバー

キヤノンプリンタ用のドライバが必要な人は、キヤノンプリンタのモデルを検索するだけでいいのです。 その後、使用しているオペレーティングシステムを選択し、プリンタのドライバをダウンロードすることができます。

また、お読みください: キヤノン Satera MF8230Cn ドライバ

Canon Satera MF8280Cw ドライバーの互換性、インストール、およびダウンロード

キヤノン Satera MF8280Cw ドライバ用のオペレーティングシステムの互換性

ドライバは以下のオペレーティングシステムと互換性があります。ドライバをダウンロードする前にオペレーティングシステムを確認してください。

  • Windows: Windows 10 32-bit (x86) | Windows 8.1 32-bit (x86) | Windows 7 64-bit
  • Macintosh: macOS 11| macOS 10.15 Catalina | macOS 10.14 Mojave | macOS 10.13 High Sierra | macOS 10.12 Sierra

Canon Satera MF8280Cw ドライバーをダウンロードしてインストールします

Canon Satera MF8280Cwに対するオペレーティングシステムの互換性を知った後は、以下のリンクからドライバをダウンロードすることができます。 提供されるこれらのリンクはあなたがあなたの製品の全機能を設定するのに必要なドライバファイル、アプリケーションまたはマニュアルをダウンロードしてインストールします。

Windows 32-bit用の Canon Satera MF8280Cw ドライバをダウンロード

Windows 64-bit用の Canon Satera MF8280Cw ドライバをダウンロード

macOSの Canon Satera MF8280Cw ドライバをダウンロード

macOS用の利用できない基本ドライバー。キヤノン Satera MF8280Cw をインターネット経由でセットアップしよう

次のステップは、WindowsまたはMacにドライバをインストールする方法を理解することです。 このセクションでは、WindowsとMacOS用のドライバのインストール方法について説明します。

Windows用Canon Satera MF8280Cw ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードしてください。 ファイルが保存されている場所については、コンピューターの設定を確認してください。
  2. ダウンロードした.exeファイルをダブルクリックします。 解凍され、セットアップ画面が表示されます。 指示に従ってソフトウェアをインストールし、必要な設定を行います。

macOS用のキヤノン Satera MF8280Cw ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードし、ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、ディスクイメージにマウントします。
  2. マウントされたディスクイメージをダブルクリックします。 セットアップファイルをダブルクリックして、セットアップ画面を起動します。 画面の指示に従ってソフトウェアをインストールし、プリンタをセットアップします。

また読む:Canon Satera MF8080Cw ドライバ

Canon Satera MF8280Cw プリンタには、コンピュータ、macOS、またはその他の接続デバイスと接続できるドライバも必要です。 そのため、このサイトにはキヤノンからのリンクがありますので、他のソースからキヤノン Satera MF8280Cw ドライバを見つける必要はありません。 提供されているチュートリアルに従うことで、問題を簡単に解決できます。 他のシリーズがある場合は、検索フォームを使ってプリンタの最新のドライバを探すだけです。