キヤノン Satera MF4150 ドライバー

Canon Satera MF4150の最初のコピーアウト時間は、わずか9秒とかなり良好です。小さな個人用ユニットの場合、これは許容範囲を超えており、単一ページの複製が迅速かつ簡単に実行されることを保証します。複数ページのコピーは、毎分21コピーの速度で1つずつ印刷されます。これは正確にはビジネススタンダードのcpm速度ではありませんが、在宅ビジネスや家庭では問題ないはずです。デジタルコピー技術のおかげで、一度に最大100の量で単一のソースから複数のコピーを作成できます。オンボードメモリの前は、単一の直接転送しか実行できなかったため、デジタルははるかに優れたコピー方法になりました。ユニットの自動ドキュメントフィーダーは、一度に最大35ページを保持できるため、複数のFAXを送信したり、ドキュメントのスタックをスキャンしたりするのに最適です。その他のコピー機能には、2対1の照合、およびデバイスのページあたりのコストを大幅に削減できるトナーセーバーモードが含まれます。縮小と拡大は、50%から200%まで1%刻みで設定できます。 キヤノン Satera MF4150のグラフィックスと写真品質はどちらもモノクロレーザーの典型であり、入手可能な最高のものよりも半音低くなっています。グラフィックスは、社内でのビジネス用途には十分です。ただし、グラフィックスの品質にはいくつかの要因があります。細い線が消える傾向がありました(プリンターに共通の問題)。ディザリングは、さまざまなグレーレベルで繰り返しパターンの形で簡単に確認できました。ほとんどのモノクロレーザーグラフィックと同じように。ファックスは、33.6Kbpsという高速の内蔵SuperG3モデムによって可能になります。これにより、1ページあたり約3秒のページ転送速度が可能になり、オンボードメモリにより、ユーザーは最大8つのワンタッチスピードダイヤルボタンをプログラムし、最大100のコード化されたダイヤルを内部電話帳に保存できます。ファックスページメモリは、ファックス保存と同時印刷およびファックス用に最大256枚のデータを保持できます。ドキュメントをスキャンする場合、9600 dpiの拡張解像度までのカラースキャンで、トーンオントーンの明瞭さを実現します。全体として、キヤノン Satera MF4150は、USB 2.0Hi-Speedインターフェイスを使用してプロジェクトをより迅速に完了します。プリンタはビジネスニーズを支援し、生産性の共有が必要な場合は、オプションのプリントサーバーを利用できます。

キヤノン Satera MF4150 ドライバー

Canon Satera MF4150 ドライバー

キヤノンプリンタ用のドライバが必要な人は、Canonプリンタのモデルを検索するだけでいいのです。 その後、使用しているオペレーティングシステムを選択し、プリンタのドライバをダウンロードすることができます。

また、お読みください: キヤノン Satera MF4130 ドライバ

Canon Satera MF4150 ドライバーの互換性、インストール、およびダウンロード

キヤノン Satera MF4150 ドライバ用のオペレーティングシステムの互換性

ドライバは以下のオペレーティングシステムと互換性があります。ドライバをダウンロードする前にオペレーティングシステムを確認してください。

  • Windows: Windows 10 32-bit (x86) | Windows 8.1 32-bit (x86) | Windows 7 64-bit
  • Macintosh: macOS 11| macOS 10.15 Catalina | macOS 10.14 Mojave | macOS 10.13 High Sierra | macOS 10.12 Sierra

Canon Satera MF4150 ドライバーをダウンロードしてインストールします

Canon Satera MF4150に対するオペレーティングシステムの互換性を知った後は、以下のリンクからドライバをダウンロードすることができます。 提供されるこれらのリンクはあなたがあなたの製品の全機能を設定するのに必要なドライバファイル、アプリケーションまたはマニュアルをダウンロードしてインストールします。

Windows 32-bit用の Canon Satera MF4150 ドライバをダウンロード

Windows 64-bit用の Canon Satera MF4150 ドライバをダウンロード

macOSの Canon Satera MF4150 ドライバをダウンロード

macOS用の利用できない基本ドライバー。キヤノン Satera MF4150 をインターネット経由でセットアップしよう

次のステップは、WindowsまたはMacにドライバをインストールする方法を理解することです。 このセクションでは、WindowsとMacOS用のドライバのインストール方法について説明します。

Windows用Canon Satera MF4150 ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードしてください。 ファイルが保存されている場所については、コンピューターの設定を確認してください。
  2. ダウンロードした.exeファイルをダブルクリックします。 解凍され、セットアップ画面が表示されます。 指示に従ってソフトウェアをインストールし、必要な設定を行います。

macOS用のキヤノン Satera MF4150 ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードし、ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、ディスクイメージにマウントします。
  2. マウントされたディスクイメージをダブルクリックします。 セットアップファイルをダブルクリックして、セットアップ画面を起動します。 画面の指示に従ってソフトウェアをインストールし、プリンタをセットアップします。

また読む:Canon Satera MF4120 ドライバ

Canon Satera MF4150 プリンタには、コンピュータ、macOS、またはその他の接続デバイスと接続できるドライバも必要です。 そのため、このサイトにはキヤノンからのリンクがありますので、他のソースからキヤノン Satera MF4150 ドライバを見つける必要はありません。 提供されているチュートリアルに従うことで、問題を簡単に解決できます。 他のシリーズがある場合は、検索フォームを使ってプリンタの最新のドライバを探すだけです。