キヤノン G7000 ドライバー

Саnоn G7000の洗練されたデザインは、最小限のデスクスペースを占有し、傾斜可能なフロントコントロールパネルは、あらゆる角度から簡単に表示できます。自動両面印刷と自動電源オフ機能により、ユーザーはプリンターを経済的に実行できます。どちらのプリンターも生産性の高いホームオフィスや小規模オフィスに最適で、最高の印刷品質を維持しながら、低コストで大量のプリンターを探しています。プリンターには、新しい35枚自動ドキュメントフィーダー(ADF)が搭載されており、複数ページのドキュメントのスキャンとコピーを高速化し、最大350枚の普通紙を収容できる大容量の2ウェイペーパーフィードが可能です。これにより、リアフィードが1つしかない旧世代のMegaTankモデルよりも3.5倍生産性が高くなり、大量のボリュームを経済的にペースで印刷する必要があるユーザーに最適です。 キヤノン G7000には詰め替え可能なインクタンクが付属しており、ユーザーは3つのブラックインクボトルで最大18,000ページ、カラーインクセットで最大7,700ページを印刷できます。これにより、ページあたりの印刷コストが削減されるだけでなく、インクカートリッジを継続的に購入して交換する必要がなくなるため、作業場のダウンタイムを最小限に抑えることができます。プリンターはWi-Fiとイーサネット接続のおかげで、さらに簡単に印刷できます。 Саnоn G7000ドライバーは、WindowsまたはMacオペレーティングシステムと互換性があります。プリンターはCanon PRINTアプリ(iOSおよびAndroid)とも互換性があります。ワイヤレスコネクトとリンクして、Canon PRINTアプリを介して制御します。 AirPrint(iOS)、Mopria(Android)およびWindows 10 Mobileで印刷するか、イーサネット経由でリンクします。全体として、4-in-1機能、2ラインモノLCD、およびコピーとスキャン用の35シートADFは、コンパクトな実用性を保証し、新進の起業家や忙しい小規模オフィスに最適です。 1つの洗練されたモデルから印刷、スキャン、コピー、およびFAX送信し、350枚の普通紙容量、自動両面印刷、および35枚のADFでアップタイムを向上させます。高品質と低コストのために、3つのインクボトルから最大18,000ページ、カラーセットから最大7,700ページを印刷します。

キヤノン G7000 ドライバ

Canon G7000 ドライバ

キヤノンプリンタ用のドライバが必要な人は、Canonプリンタのモデルを検索するだけでいいのです。 その後、使用しているオペレーティングシステムを選択し、プリンタのドライバをダウンロードすることができます。

また、お読みください: キヤノン G1010 ドライバ

Canon G7000 ドライバーの互換性、インストール、およびダウンロード

キヤノン G7000 ドライバ用のオペレーティングシステムの互換性

ドライバは以下のオペレーティングシステムと互換性があります。ドライバをダウンロードする前にオペレーティングシステムを確認してください。

  • Windows: Windows 10 32-bit (x86) | Windows 10 64-bit (x64) | Windows 8.1 32-bit (x86) | Windows 8.1 64-bit (x64) | Windows 7 64-bit
  • Macintosh: macOS 10.15 Catalina | macOS 10.14 Mojave | macOS 10.13 High Sierra | macOS 10.12 Sierra | OS X 10.11 El-Capitan | OS X 10.10 Yosemite

Canon G7000 ドライバーをダウンロードしてインストールします

Canon G7000に対するオペレーティングシステムの互換性を知った後は、以下のリンクからドライバをダウンロードすることができます。 提供されるこれらのリンクはあなたがあなたの製品の全機能を設定するのに必要なドライバファイル、アプリケーションまたはマニュアルをダウンロードしてインストールします。

Windows 32-bit用/64-bit用の Canon G7000 ドライバをダウンロード

Mac OS用の Canon G7000 ドライバをダウンロード

次のステップは、WindowsまたはMacにドライバをインストールする方法を理解することです。 このセクションでは、WindowsとMacOS用のドライバのインストール方法について説明します。

Windows用Canon G7000 ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードしてください。 ファイルが保存されている場所については、コンピューターの設定を確認してください。
  2. ダウンロードした.exeファイルをダブルクリックします。 解凍され、セットアップ画面が表示されます。 指示に従ってソフトウェアをインストールし、必要な設定を行います。

macOS用のキヤノン G7000 ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードし、ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、ディスクイメージにマウントします。
  2. マウントされたディスクイメージをダブルクリックします。 セットアップファイルをダブルクリックして、セットアップ画面を起動します。 画面の指示に従ってソフトウェアをインストールし、プリンタをセットアップします。

また読む:Canon G3010 ドライバ

Canon G7000 プリンタには、コンピュータ、macOS、またはその他の接続デバイスと接続できるドライバも必要です。 そのため、このサイトにはCanonからのリンクがありますので、他のソースからキヤノン G7000 ドライバを見つける必要はありません。 提供されているチュートリアルに従うことで、問題を簡単に解決できます。 他のシリーズがある場合は、検索フォームを使ってプリンタの最新のドライバを探すだけです。