キヤノン G6000 ドライバー

スキャン、コピー、ファックスを印刷する4-in-1プリンターのおかげで、生産性が向上し、安心して作業できます。リモートでプリンタを制御し、ドキュメントを簡単に印刷します。印刷の速度と品質により、このプリンタは中小企業にとって不可欠なツールとなっています。自由に印刷、スキャン、コピー、ファックス。 2ページのモノクロLCD画面と、35枚の容量を持つ自動ドキュメントフィーダーがあり、複数のページをコピーしてスキャンできます。用途が広く効率的なCanon G6000シリーズを使用して、印刷、コピー、スキャン、およびFAXを送信します。このカラープリンターは、シャープなテキストや高品質の画像を印刷するのに最適で、イーサネットやwi-fiを介して、またはCanon PRINTアプリを使用してスマートデバイスから直接シームレスに接続できます。 このプリンターは、最大13ipmの高速印刷速度に加えて、明確で読みやすいLCDディスプレイを備えています。3つのブラックインクボトル(カラーセットで7,700)からの18,000モノページの収量により、補充を最小限に抑え、ページあたりのコストを抑えます。専用のピグメントブラックインクはテキストを鮮明に保ち、カラー染料インクはボーダーレスのA4画像を鮮明なディテールで作成します。 キヤノン G6000シリーズJetプリンターの速度は、さまざまな印刷速度のおかげで高品質の印刷を可能にしますが、何よりも着色された黒インクを使用して、完全にクリアなテキストとプロの印刷品質を実現します。自動両面印刷で中断することなく作業し、生産性を向上させます。紙を頻繁に補充する必要がないため、集中力を維持できます。リモート管理ツールと混乱のない補充により、品質を損なうことなく低コストの印刷に重点を置いた手間のかからないプリンターです。Canon G6000プリンターのワイヤレス接続を使用して、遠くからでもそのすべての機能を利用できます。 Canon PRINTアプリを使用すると、デスクトップからプリンターを制御できます。スマートフォンで利用できるさまざまなアプリケーションのおかげで、スマートフォンから直接リモートでドキュメントを印刷できます。接続するには、Wi-Fiとリンクして、Canon PRINTアプリ、Mopria(Android)、AirPrint(iOS)、またはWindows 10 Mobileで制御するか、イーサネット経由でローカルネットワークを利用します。

キヤノン G6000 ドライバ

Canon G6000 ドライバ

キヤノンプリンタ用のドライバが必要な人は、Canonプリンタのモデルを検索するだけでいいのです。 その後、使用しているオペレーティングシステムを選択し、プリンタのドライバをダウンロードすることができます。

また、お読みください: キヤノン G7030 ドライバー

Canon G6000 ドライバーの互換性、インストール、およびダウンロード

キヤノン G6000 ドライバ用のオペレーティングシステムの互換性

ドライバは以下のオペレーティングシステムと互換性があります。ドライバをダウンロードする前にオペレーティングシステムを確認してください。

  • Windows: Windows 10 32-bit (x86) | Windows 10 64-bit (x64) | Windows 8.1 32-bit (x86) | Windows 8.1 64-bit (x64) | Windows 7 64-bit
  • Macintosh: macOS 10.15 Catalina | macOS 10.14 Mojave | macOS 10.13 High Sierra | macOS 10.12 Sierra | OS X 10.11 El-Capitan | OS X 10.10 Yosemite

Canon G6000 ドライバーをダウンロードしてインストールします

Canon G6000に対するオペレーティングシステムの互換性を知った後は、以下のリンクからドライバをダウンロードすることができます。 提供されるこれらのリンクはあなたがあなたの製品の全機能を設定するのに必要なドライバファイル、アプリケーションまたはマニュアルをダウンロードしてインストールします。

Windows 32-bit用/64-bit用の Canon G6000 ドライバをダウンロード

Mac OS用の Canon G6000 ドライバをダウンロード

次のステップは、WindowsまたはMacにドライバをインストールする方法を理解することです。 このセクションでは、WindowsとMacOS用のドライバのインストール方法について説明します。

Windows用Canon G6000 ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードしてください。 ファイルが保存されている場所については、コンピューターの設定を確認してください。
  2. ダウンロードした.exeファイルをダブルクリックします。 解凍され、セットアップ画面が表示されます。 指示に従ってソフトウェアをインストールし、必要な設定を行います。

macOS用のキヤノン G6000 ドライバをインストールする方法

  1. ファイルをダウンロードし、ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、ディスクイメージにマウントします。
  2. マウントされたディスクイメージをダブルクリックします。 セットアップファイルをダブルクリックして、セットアップ画面を起動します。 画面の指示に従ってソフトウェアをインストールし、プリンタをセットアップします。

また読む:Canon G1310 ドライバ

Canon G6000 プリンタには、コンピュータ、macOS、またはその他の接続デバイスと接続できるドライバも必要です。 そのため、このサイトにはCanonからのリンクがありますので、他のソースからキヤノン G6000 ドライバを見つける必要はありません。 提供されているチュートリアルに従うことで、問題を簡単に解決できます。 他のシリーズがある場合は、検索フォームを使ってプリンタの最新のドライバを探すだけです。